リウマチ膠原病・痛風センター

TOP | 外来受診の案内 | 医療スタッフ | 対象とする病気 | 医療関係者の方へ | リンク

 2013年4月に「リウマチ膠原病・痛風センター」を開設いたしました。当院の関節リウマチ・膠原病・痛風の診療の歴史は古く、これまで50 年以上に渡り発展をしてまいりました。患者数・診療の質では、他の多くの基幹病院ばかりでなく大学病院と比べても遜色のない実績を上げてきたものと自負しております。

 医学は日々進歩しております。特に関節リウマチの診療には目をみはるものがあります。かつては関節が壊れてついには車椅子生活を余儀なくされた「不治の病」も、今では抗リウマチ薬によりその進行をくい止めることができる時代になってきました。しかしながら、内科治療が進歩したとはいえ、長年病気に悩まされ、関節変形によって機能障害となり、整形外科手術を要する方も多くいらっしゃいます。さらに関節リウマチの包括的医療として、リハビリテーションや日常生活の指導、服薬指導、在宅支援、社会福祉などリウマチ診療に関わるあらゆる問題に対応する必要があります。強力な治療を進める上で感染症をはじめとした薬剤の副作用は避けて通ることはできません。したがって、治療法の選択にはインフォームドコンセントに代表される医療者と患者間のパートナーシップの確立も重要です。このような環境の下、当院では「リウマチ膠原病・痛風センター」を組織し、医師だけでなく院内の多くの職種の方々と連携して問題を解決する体制を構築いたしました。

 まだ産声を上げたばかりのリウマチ膠原病・痛風センターではありますが、さらなる発展を目指し、川崎市南部・横浜市東部のリウマチ性疾患の診療拠点となるべく努力する所存です。皆さまのご支援、ご厚情をどうぞよろしくお願い申し上げます。

センターの特色

  • リウマチ専門医が診療を担当します
  • 個々の病状に応じた最善の治療を最適なタイミングで提供します
  • 生物学的製剤を含めた抗リウマチ薬による積極的な薬物治療を提供します
  • 専門的知識に基づいた手術治療を提供します
  • 日常生活を助けるリハビリテーションを提供します
  • 高い治療のゴールを目指します

お知らせ

2013.4.1 リウマチ膠原病・痛風センターを開設し、診療を開始しました。
2013.3.27 リウマチ膠原病・痛風センターのホームページを立ち上げました。
神奈川県リウマチ友の会  関節リウマチや膠原病の患者を中心に組織され、リウマチ膠原病に関する知識の向上・会員相互の親睦を図ることを目的としています。昭和38年7月に約40名で発足し、昭和45年10月から「神奈川県リウマチ友の会J と改組しました。会誌の発行や講演会の開催を通し日本リウマチキャンペーンの一翼となっています。2013年9月7日には、市民公開講座「関節リウマチ市民公開講座 in 川﨑 〜よりよい明日のために〜」を主催しました。友の会への入会をご希望の方はご連絡下さい。代表:太田フミコ(連絡先:fumijoy@mbn.nifty.com

PAGE TOP