医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1,539 290 401 594 1,101 1,049 2,267 2,845 1,685 303
【定義】

◆集計期間内に退院した患者さんを年齢階級別(10歳刻み)に集計したものです。

◆年齢は入院日時点を基準にしています。

【解説】

日本全体の高齢社会に伴い、年齢階級別の退院患者は、60歳代以上が全体の58.8%(7,100名)を占めています。一方で、10歳未満の退院患者も12.7%(1,539名)を占めており、当院は高齢の方だけでなく、地域の小児医療の提供にも貢献しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)処置2なし 202 18.0 19.2 5.9% 73.1
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心カテ検査 処置2なし 副傷病なし 199 3.3 3.1 0.0% 67.6
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 副傷病なし 175 14.9 12.4 0.6% 70.4
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 気管支ファイバースコピー 処置2なし 162 3.5 3.7 0.0% 68.8
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 158 19.0 18.0 5.7% 80.0
【定義】

◆各診療科別に患者数の多いDPCコードについて、患者数や平均在院日数を集計しています。

◆DPCコードとは…川崎市立川崎病院は、DPC請求方式を採用しており、一入院ごとに「最も医療資源を投入した病名」+「診療行為」+「副傷病」に基づいたDPCコードを付与しています。

◆同じ疾患に対し複数の診療科で診療を行った場合も、最終的に退院した時点の診療科で集計しています。

◆患者数が10名未満の場合は、プライバシー保護のため「‐(ハイフン)」で表示しています。平均在院日数(全国)以外の項目にも同様に「‐(ハイフン)」を表示しています。本ページの他の指標も同様の処理を行っています。

【解説】

内科では、狭心症の検査・肺の悪性腫瘍に対する検査や化学療法の患者数が多くなっています。上位5つの疾患以外にも、脳梗塞、急性心筋梗塞、間質性肺炎など、内科では幅広い疾患を取り扱っています。

精神科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 副傷病なし 3.6
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・塩酸基平衡障害 手術なし ‐  10.2
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 処置1なし 10.4
161060xx97x1xx 詳細不明の損傷等 手術あり 人工腎臓 その他の場合 31.8
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)処置2なし 19.2

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 348 5.1 9.3 2.0% 2.5
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他)手術なし 処置2なし 195 7.3 11.5 0.5% 2.9
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 副傷病なし 147 2.2 7.1 0.0% 3.3
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・塩酸基平衡障害 手術なし 139 6.1 10.2 0.7% 2.9
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 81 3.9 6.2 1.2% 0.0
【解説】

小児科では、体液量減少症(脱水症)が最も多く、呼吸不全、てんかんと続きます。上位5つのDPCの平均在院日数は、いずれも全国平均よりも短く、小児患者の早期退院を実現しています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 73 18.2 12.7 0.0% 69.6
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの (観血的なもの)等 副傷病なし 69 5.4 5.9 2.9% 74.9
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 (腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 57 6.2 6.6 0.0% 57.4
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 40 6.1 5.6 0.0% 27.9
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 化学療法ありかつ放射線療法なし 副傷病なし 38 15.7 12.4 0.0% 69.2
【解説】

外科では、肺の悪性腫瘍(手術、化学療法)や乳房の悪性腫瘍(手術)が、上位にあがっています。その他、胃がんや大腸がん、肝がんの手術実績も有しており、地域がん病院として川崎市のがん診療に貢献しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 65 30.0 27.6 69.2% 79.7
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 61 3.8 5.5 0.0% 50.4
070230xx01xxxx 膝関節症 (変形性を含む。) 人工関節再置換術等 51 23.4 26.3 2.0% 72.4
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靭帯断裂形成手術等 51 8.2 20.9 7.8% 64.9
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄 腰部骨盤、 不安定椎 脊椎固定術、 椎弓切除術、 椎弓形成術 45 19.4 22.5 11.1% 65.0
【解説】

整形外科では、股関節大腿近位骨折の患者数が最も多く、次に、前腕の骨折、膝関節症と続きます。股関節大腿近位骨折の転院率が69.2%と他の診療科よりも高くなっていますが、これは、術後の患者さんを当院で抱え込むのではなく、早期回復を目指して、リハビリを集中的に行う専門病院に移っていただいているためです。当院では、自院のみで治療を完結させるだけでなく、地域全体で切れ目のない医療提供を図っています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 21 4.8 6.8 0.0% 42.1
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし - - 3.4 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍 (脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 処置1なし - - 5.1 -  -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 処置1なし 副傷病なし - 5.9 - -
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管種 手術あり 処置2なし - 7.3 - -

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 化学療法なしかつ放射線療法あり 副傷病なし 31 3.2 9.6 0.0% 72.4
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 処置1なし メトトレキサート (注射薬に限る。) 21 10.4 20.7 9.5% 67.0
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 副傷病なし 15 4.3 11.8 0.0% 77.6
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2なし 副傷病なし 13 16.7 22.5 0.0% 57.0
010010xx97x6xx 脳腫瘍 その他の手術あり メトトレキサート (注射薬に限る。) - 49.4 - -

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 除脈性不整脈 手術あり 処置1なし 処置2なし 副傷病名なし 16 7.6 11.4 6.3% 73.9
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし 13 12.4 12.7 7.7% 71.9
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 心カテ検査 処置2なし  11 6.2 4.9 0.0% 72.8
050161xx01x0xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし - - 16.5 - -
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術等 処置1なし 中心静脈注射 副傷病名なし - - 24.7 - -

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下膣式子宮全摘術等 85 6.4 6.3 0.0% 43.2
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 79 10.0 10.0 0.0% 43.8
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 53 6.4 6.4 0.0% 43.5
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 膣式等 処置2なし 52 3.4 3.3 0.0% 40.6
120140xxxxxxxx 流産 43 2.0 2.4 0.0% 34.7
【解説】

産婦人科では子宮の良性腫瘍が1位と2位にあがっています。分娩も多く行っていますが、本集計の対象からは除外されており、本表には出ていません。産婦人科の平均在院日数は、いずれのDPCも全国平均在院日数と同水準であり、DPC制度に則った日数管理を実施しています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 処置2なし 24 6.2 8.3 0.0% 58.4
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 14 6.4 10.5 0.0% 66.1
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置1なし 処置2なし - - 7.7 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり - - 7.0 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 処置2なし - - 7.7 - -

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 28 6.6 5.5 0.0% 36.7
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 23 10.1 8.8 0.0% 26.9
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 19 8.8 7.5 0.0% 49.9
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 18 7.9 8.1 0.0% 10.4
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 17 6.8 7.3 0.0% 39.2
【解説】

耳鼻咽喉科では、「扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎」のDPCが3つあがっています。疾患名は同じでも診療内容によってDPCコードが異なっており、内科的治療のDPCの患者数が最も多いです。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 39 9.6 9.0 2.6% 70.5
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 24 13.0 12.0 0.0% 59.4
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 12 6.5 8.8 0.0% 81.7
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 12 5.1 6.8 0.0% 59.8
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.4 - -

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 107 6.5 7.4 0.0% 72.8
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 48 5.9 5.8 0.0% 61.1
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 39 13.1 13.4 2.6% 70.0
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 34 7.6 10.0 0.0% 71.2
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 32 4.1 5.3 0.0% 71.3
【解説】

泌尿器科では、膀胱腫瘍に対して手術を実施するDPCの患者数が107人で最も多く、続いて、上部尿路疾患、前立腺の悪性腫瘍があがっています。特に、前立腺の悪性腫瘍は、ダヴィンチという手術支援機器を導入して以降、治療件数が増加しています。いずれのDPCも全国平均在院日数と同水準もしくは短期であり、DPC制度に則った日数管理を実施しています。

救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 副傷病なし 52 2.3 3.6 3.8% 44.0
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 43 6.0 7.5 2.3% 57.0
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他手術あり 処置2なし 副傷病なし 28 6.2 9.9 3.6% 60.9
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 処置2なし 18 2.8 4.2 0.0% 39.7
160870xx99x00x 頸椎頸髄損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 10 14.9 13.6 40.0% 49.5
【解説】

救急科では、薬物中毒、頭蓋・頭蓋内損傷の患者が多くなっています。DPCコード別に集計すると細分化されるため、上位5つのみだと患者数が少なく見えますが、実際には外傷、熱傷、ショック状態、代謝障害など、幅広い救急患者を受入れ、川崎市の救急医療に貢献しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 47 - 21 36 - 13 1 7
大腸癌 45 17 28 27 12 33 1 7
乳癌 39 23 23 - - 16 1 7
肺癌 111 48 221 154 93 136 1 7
肝癌 - 13 - - - 54 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】

◆集計期間内に退院した5大がんの患者を、UICC(国際対がん連合)によるTNMから示される病期分類ごとに集計しています。

◆延べ患者数を数えているため、集計期間中に繰り返し入退院を行った場合は、入院回数分をカウントしています。

◆最も医療資源を投入した病名が疑い病名の患者は、除外して集計しています。

【解説】

5大がんの初発患者では肺癌が最も多く合計627名、次いで大腸癌が129名になっています。次に胃癌112名、乳癌93名、肝癌33名の順になります。
再発患者では、肺癌が136名と患者数が多くなっていますが、これは化学療法治療等のための繰り返し入院が多いことが影響しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 9.6 53.3
中等症 106 14.1 73.7
重症 43 18.4 79.8
超重症 10 17.0 84.2
不明 0 - -
【定義】

◆入院契機病名および最も医療資源を投入した病名のICD10コードが、J13〜J18の患者を対象に、重症度ごとの患者数等を集計しています。
◆ICD10コードが、J13〜J18とは、以下の病名を指します。
J13:肺炎レンサ球菌による肺炎、J14:インフルエンザ菌による肺炎、J15:細菌性肺炎、
J16:その他の感染病原体による肺炎、J17:他に分類される肺炎、J18:病原体不詳の肺炎
◆「成人市中肺炎」における「成人」とは、20歳以上を指します。
◆「成人市中肺炎」における「市中肺炎」とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
◆重症度は市中肺炎のガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)により分類しています。5点満点で1項目に該当すれば1点、2項目に該当すれば2点
1.男性70歳以上、女性75歳以上 2.BUN21mg以上または脱水あり 3.酸素飽和度90%以下 4.意識障害あり 5.血圧90mmHg以下

【解説】

最も患者数の多いグループは中等症のグループで、患者数106名、平均在院日数14.1日、平均年齢73.7歳です。重症度が高いグループ程平均年齢も高くなる傾向が出ています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 9.3 68.1 0.0%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 188 24.0 73.3 25.0%
その他 23 25.7 64.8 34.8%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
【定義】

◆脳梗塞の病型別の患者数や平均在院日数等を集計しています。

【解説】

当院の脳梗塞の患者さんは、発症日から3日以内の急性期の方が多いです。また、脳梗塞の転院率が、3日以内発症では25.0%、その他では34.8%となっていますが、転院の理由としては、リハビリに重点を置く治療を行うことで症状の早期回復が見込まれる場合や、当院に通院が難しい等の理由が挙げられます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 125 2.5 3.9 1.6% 69.1
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 74 1.5 2.3 0.0% 67.2
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 37 1.6 8.0 0.0% 71.0
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 35 7.3 9.5 5.7% 71.1
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 32 3.5 21.3 6.3% 73.9
【定義】

◆診療科別、手術の術式ごとに平均術前日数、平均術後日数等を集計しています。
◆一入院中に複数の手術を行っていても、主たる手術のみをカウントしています。
◆退院診療科を基準に集計しているため、この集計での診療科が、必ずしも手術実施診療科とは限りません。
◆輸血や創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術などの軽微な手術は集計対象外としています。
◆術前日数は、入院日から手術日まで(手術日当日は含まない)の日数、術後日数は手術日(手術日当日は含まない)から退院日までの日数を指します。

【解説】

◆内科では、狭心症や陳旧性心筋梗塞に対して行われる経皮的冠動脈ステント留置術の実施患者が125名で最も多いです。術前日数2.5日、術後日数は3.9日で、概ね5日前後の在院日数です。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(直径3cm未満) - - - - -
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(肩) - - - - -

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 114 1.0 2.6 0.0% 53.8
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 75 1.5 4.6 0.0% 60.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 70 1.7 4.8 2.9% 74.5
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 58 1.3 4.0 0.0% 57.3
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 54 0.2 1.4 5.6% 68.7
【解説】

◆外科では、鼠径ヘルニア手術実施患者数が114名で最も多いです。全体的に平均術前日数、平均術後日数が短く、短期入院を実現しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 111 1.5 21.0 7.2% 69.8
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 67 1.3 9.9 6.0% 58.8
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 66 2.4 21.2 47.0% 74.3
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 59 1.9 16.1 15.3% 68.3
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 56 1.6 19.3 7.1% 63.9
【解説】

◆整形外科では、人工関節置換術の実施患者が最も多く、111名です。整形外科は、他の診療科と比較して転院率が高いですが、これは地域の医療機関と連携してリハビリを提供し、早期の機能改善を図っているためです。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(直径12cm以上) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径4cm以上) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(直径6cm以上12cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 28 6.1 27.5 7.1% 63.6
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 16 1.0 4.0 0.0% 77.8
K147 穿頭術(トレパナチオン) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 22 4.2 9.9 4.5% 67.3
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 10 2.5 9.1 10.0% 78.7
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 232 1.0 1.0 0.0% 41.3
K8882 子宮付属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 75 1.5 4.4 0.0% 42.2
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 63 1.0 4.5 0.0% 49.4
K877 子宮全摘術 57 1.1 7.8 0.0% 47.2
K867-3 子宮頸部摘出術(膣部切断術を含む) 50 1.0 1.4 0.0% 41.1
【解説】

◆産婦人科では、子宮平滑筋腫に対する子宮鏡下子宮筋腫摘出術が最も多く232名で、術前、術後日数ともに1日で短期入院での治療を提供しています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 192 1.0 1.0 0.0% 75.1
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 26 1.0 3.3 0.0% 65.6
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 16 0.9 3.2 0.0% 67.9
K281 増殖性硝子体網膜症手術 16 1.1 4.9 0.0% 63.8
K278 硝子体注入・吸引術 - - - - -
【解説】

眼科では、白内障に対して行われる水晶体再建術(眼内レンズを挿入するもの)が192名で最も多く、術前、術後日数ともに1日です。なお、当該手術を行った場合、DPC包括請求の対象外になることがほとんどであるため、指標2「診断群分類別患者数等」にはあがっていません。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 33 2.3 6.7 0.0% 23.0
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 16 0.3 4.9 0.0% 38.1
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 14 1.9 1.4 0.0% 5.0
K3892 喉頭ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 12 2.6 3.8 0.0% 58.4
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 11 1.7 5.1 0.0% 48.4

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.9 5.4 0.0% 81.5
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm未満) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(直径6cm以上12cm未満) - - - - -

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 112 1.9 4.1 0.0% 72.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 51 1.0 4.0 2.0% 69.1
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 46 1.9 3.0 0.0% 61.6
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 40 0.0 1.0 0.0% 58.2
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 40 1.9 4.6 0.0% 71.6

救急医学科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K3902 喉頭異物摘出術(直達鏡) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一  -  -
異なる  -  -
180010 敗血症 同一 209 1.73%
異なる 73 0.60%
180035 その他の真菌感染症 同一 12 0.10%
異なる 16 0.13%
180040 手術・処置等の合併症 同一 60 0.50%
異なる 21 0.17%
【定義】

◆この指標は、医療の質の改善に資する指標として、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、処置・手術等の合併症について、患者数及び発生率を集計しています。
◆入院時の傷病名に対しての治療が退院時まで行われ、医療費の請求を当該傷病名で行った場合は「同一」に、別な傷病名で入院したものの途中から病態の変化により上記いづれかの傷病名で医療費の請求が行われた場合は「異なる」に分類しています。

【解説】

敗血症とは、細菌感染症が全身に及んだもので重篤な状態に陥ります。その他の真菌感染症とは、口腔カンジダ症、癌による深在性真菌症に多くみられております。
手術・処置等の合併症とは、人工透析のシャント閉塞、人工股関節の緩み等の機械的な合併症によるものを指します。

更新履歴

2017.9.28     「病院指標」を公開しました。