da:Vinci ダ・ヴィンチ(手術支援ロボット)

ダ・ヴィンチとは

手術支援ロボット より精密・安全な患者さんの負担が少ない手術

手術支援ロボットシステム「da Vinci ダ・ヴィンチ」は、複数のロボットアームを遠隔操作して内視鏡手術を行う医療用ロボットです。
複数のロボットアームの先端にはメスや鉗子が装着されていて、モニターに映し出される内視鏡画像を見ながらレバーを動かしアームを遠隔操作して手術を行います。
人間の手より広い可動範囲で、繊細な動きと素早く正確な手術を実現します。

ダ・ヴィンチ手術の様子

ダ・ヴィンチの特長

ロボットアームの写真

高解像度3D画像
立体感のある高解像度の画像で幹部を拡大し、肉眼では確認できない術野の前後左右上下を見ながらの手術が可能となります。

ロボットアームの可動域 ロボットの腕は人間の手より大きな可動域を持っており、従来の腹腔鏡手術と比べて可動域が格段に広がりました。 医師にとってイメージ通りの手術を可能にします。

自然な操作感と手振れの補正 医師の手振れを補正して超微小な血管や神経の手術をしやすくします。 患者さんの負担が少ない低侵襲治療を実現、入院期間の短縮等につながります。

医師の負担を軽減し正確な手術を実現

サージョンコンソールに座って手術をしている写真

手術を担当する医師はサージョンコンソールと呼ばれる機械に座り、患者さんに触れずに遠隔操作によって手術が行われるのもダ・ヴィンチ手術の大きな特長です。患者さんに触れることがないため、術着なしでの手術が可能です。
またこれまでは医師が無理な体勢を強いられたり、立ったまま長時間の手術が行われてきました。しかしダ・ヴィンチ手術では、そうした医師の肉体的な負担を軽減できます。加えて手ぶれを防止し、突発的な動きを制御する機能が医師のメンタルをサポート。術者にかかるストレスが軽減され、より確実な手術を行えます。

PAGE TOP