在宅ケア・医療相談部門

 在宅ケア・医療相談部門では、緩和ケア内科医師による往診、訪問看護師と医療ソーシャルワーカーによるケアマネジメント、訪問看護、医療相談、退院調整を行っています。 また、地域開業医院の在宅ケアを支援するため、開業医院の在宅ケア患者に対し、夜間休日、病状悪化時等、必要に応じて診療対応を行っています。

在宅ケア

在宅ケアスタッフ
  • 難病、がん末期、終末期、また人工呼吸器や在宅酸素など医療依存度の高い方を対象に、ケアマネジメントや訪問看護、往診を行い、在宅での生活、治療、療養ができるよう支援します。
  • 医療保険による往診、訪問看護、介護保険による居宅介護支援事業(ケアマネジメント)、訪問看護事業、居宅療養管理指導を行います。
  • 在宅ケア患者は、24時間、365日いつでも相談が可能です。夜間休日、病状悪化時はケア科当直医が対応します。
  • 在宅ケアをご希望される場合は、主治医にご相談ください。
  • 在宅介護スコアによる家族介護力評価はこちら

医療相談

  • 医療ソーシャルワーカーが、入院や通院に伴って生じる様々な相談に応じます。
    相談例
    • 医療費の支払いや経済的なこと
    • 社会福祉制度の利用について
    • 退院後の生活、在宅療養について
    • 転院先について
    • 施設利用について
  • プライバシーを配慮して相談を行います。
  • 相談の費用は無料です。
  • ご相談を希望される場合は、主治医や担当看護師に声をおかけください。
    直接、医療ソーシャルワーカーにご相談される場合は、事前にお電話で相談日時をご予約ください。

お問い合わせ先
在宅ケア 電話 044-751-6001(月~金 午前9時~午後5時)
医療相談 電話 044-766-2188(代)(月~金 午前9時~午後5時)

PAGE TOP