家族性腫瘍相談外来

川崎市立井田病院ではこの度、がんの遺伝カウンセリングを行う「家族性腫瘍相談外来」を開設いたしました。
がんは日本人の2人に1人がかかる一般的な病気ですが、すべてのがんのうち実に5-10%は遺伝要因が強く影響していると推測されています。
当院では遺伝の専門家である臨床遺伝専門医により、患者さまの遺伝性のがん(家族性腫瘍)の詳しいリスク評価を行い、適宜遺伝子検査を行うことができます。 がんの発症リスクを知ることにより、がんの予防、早期発見、治療選択、ご家族全体の健康管理に役立てていくことを目指しています。

家族性腫瘍とは

がんは普通、非常に多くの要因(喫煙や食事などの生活習慣、体質的な要因、環境要因など)が複雑にからみあってできると考えられています。ただしある遺伝子変異が、ある種のがんを引き起こすといった遺伝と特定のがんとの強い関連が知られています。遺伝に関係するこのようながんでは、家族で同じ種類のがんにかかるだけでなく、腫瘍が複数できたり、比較的若く発病したり、一人の人が複数の種類の癌にかかったりすることがよくあります。
具体的にはご家族の一方の家系の中に(母方または父方)

  • がんにかかった人が特に多い(目安として2-3人以上)
  • 若くして(目安として50歳未満)がんに罹った人がいる
  • 何度もがんに罹った人、様々な部位にがんができた人がいる

このような場合には、ご自身にがんに罹りやすい体質が受け継がれている可能性があります。

遺伝カウンセリングとは

家族性腫瘍相談外来では、「自分はがん家系ではないか」という不安をお持ちの方に、まずご親族の詳細な家族歴をお聞きし、家系図を作成します。この情報から、家族性腫瘍の可能性を評価します。家族性腫瘍であることが強く疑われる場合、その病気について詳しい情報をご提供します。また診断を助けるために、遺伝子検査をご提案することもありますが、遺伝子検査を強制することはございません。遺伝子検査を受けられた場合には、その結果の意味についても詳しくご説明します。
次に、ご本人の今後について、新たにがんが生じるリスクや他の臓器にがんが生じるリスクを評価し、必要な検査や予防法について情報を提供し、適切な検査・治療計画をご提案します。さらにご親族の方々のリスクについても評価し、検査や治療をご提案することもあります。

さらに加えて、家族関係、結婚、出産、就職、保険加入などについても難しい悩みが出てくることも少なくありません。これらの問題をきちんと整理・理解し、ご自身で最善と考えられる決定を下すために、遺伝カウンセリングの専門家に相談することができます。
お話ししづらい内容もあるかと思いますが、プライバシーに配慮し、個人情報については厳密に管理するよう努めております。

遺伝子検査のメリット・デメリットはありますが、ご自身にとって、がんの発症リスクを正しく知り、ご自身とご家族のがんの早期発見などの健康管理に役立てることができることが、遺伝カウンセリングの最大のメリットだと考えられます。当院では家族性腫瘍相談外来は、日本人類遺伝学会が認定している臨床遺伝専門医が担当し、十分な時間をかけてご理解頂けるようお話しすることにしております。

担当する臨床遺伝専門医は次のとおりです。

医師紹介

麻薙 美香

役職 内科担当部長 
循環器内科兼務 
専門分野 循環器科一般
メタボリック症候群
睡眠時無呼吸症候群
遺伝相談
認定資格 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本循環器学会専門医
臨床遺伝専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本医師会認定産業医
厚生労働省 臨床研修指導医
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本人類遺伝学会
日本遺伝カウンセリング学会
日本乳癌学会
日本糖尿病学会
日本心臓病学会
日本抗加齢学会
皆様へ一言  

中田 さくら

役職 川崎病院産科部長
川崎病院婦人科部長兼務
井田病院婦人科兼務
専門分野 婦人科全般
認定資格 医学博士
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
臨床遺伝専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
慶應義塾大学医学部産婦人科非常勤講師
厚生労働省 臨床研修指導医
所属学会 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌治療学会
日本臨床細胞学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本人類遺伝学会
日本家族性腫瘍学会
皆様へ一言

対象となるがんの種類

実際の遺伝カウンセリングを通じて、個々人に応じて想定される家族性腫瘍は異なります。そのためにはご家系内の病気の詳細が重要になります。
ご両親、ご祖父母の代のご兄弟やお子様までの詳細な情報があると、より正確な評価が可能となります。健康な方やがん以外のご病気の方の情報につきましても、外来を受診される前に、ぜひご確認ください。

その後のフォローアップ

遺伝子検査を受けられて病的変異がわかった場合、その後のがんの発症に不安を感じる方は多いです。ご本人の今後について、計画的ながん検診など必要な検査や予防的治療について情報を提供し、適切な検査・治療計画をご提案します。また自分の体質についてご不安な場合には、心理的な支援を行うこともあります。当院において定期的なフォローアップを受けて頂くことが可能です。

受診方法・受診料

まずは下記の「実際の受診の流れ」をご覧いただき、お電話でお問い合わせください。

受診の主な流れ

家族性腫瘍相談外来は完全予約制です。受診される方は必ず、事前に予約をして頂きます。
1回のカウンセリングに要する時間は約1時間程度です。
また、家族性腫瘍相談外来は自費診療です。家族性腫瘍相談外来を受診する日に、保険診療での他科への受診はできません。(保険診療で他科へ受診した場合、全額自己負担となりますのでご了承ください。)

家族性腫瘍相談外来の受診料は、初診9,820円(税別)、再診5,730円(税別)となります。
遺伝子検査の費用は別途実費をご負担頂きます。検査の費用についてはカウンセリングの中でご説明します。
ご不明な点がございましたら、家族性腫瘍相談外来までお問い合わせください。

川崎市立井田病院 家族性腫瘍相談外来
外来診療時間:毎週金曜日 午後2時〜4時
電話番号:044-766-2188(代表)
※金曜日以外は担当が不在のために詳細にお答えできないことがあります。ご了承ください。

関連リンク

慶應義塾大学病院 臨床遺伝学センター外来(外部リンク)
http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/shinryo/genetics/
ファルコバイオシステムズ 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)の情報サイト(外部リンク)
http://www.falco-genetics.com/brca/
マイクロサテライト不安定性(MSI)検査のホームページ(外部リンク)
http://jsft.umin.jp/hp/msihome.html