ロボット胃がん手術について

消化器外科領域において2018年4月より健康保険適応となった手術のうち「ロボット支援下胃切除術」「ロボット支援下胃全摘術」「ロボット支援下噴門側胃切除術」を2018年8月より当科にて開始しております。
特に先日当院で行われた、ロボット支援下噴門側胃切除術における、観音開き法食道残胃吻合(上川法)の複雑な運針操作はまさにダ・ヴィンチ手術の最も得意とするところであり、患者さんは術後6日目に退院可能状態となりました。

ダ・ヴィンチによる手術の様子1
ダ・ヴィンチによる手術の様子2
ダ・ヴィンチによる手術の様子3
手術着の外科医の先生の写真

右:恩師であり、ロボット外科手術の
  第一人者、藤田医科大学の宇山 一朗
  教授に手術監督に来ていただきました

 

左:当院外科 中村 哲也