• 外来診療表はこちらをご覧下さい。
  • 初めての受診の方は内科初診外来での診療となり、2回目以降専門診療が必要な場合に、神経内科外来で診療いたします。神経内科外来で診断が下され、治療方針が決定された後は、内科再診外来での継続診療となります。
  • 入院患者の担当医には内科常勤医があたり、神経内科専門医にコンサルトの上、診療いたします。
  • 現在常勤の神経内科専門医がいません。症状によっては、他の専門施設に転院をお願いすることがございますので、ご了承下さい。

対象とする主な疾患と症状

  • 急性疾患:脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血など)、感染性疾患(髄膜炎、脳炎など)、ギランバレー症候群
  • 慢性疾患:パーキンソン病、筋ジストロフィー、多発神経炎、顔面神経麻痺
  • 頭痛:片頭痛、緊張性頭痛、血管性頭痛
  • 認知症:アルツハイマー病、血管性認知症
  • その他症状(しびれ、麻痺、筋力低下、手足に力が入らない、頭痛、めまい、ふらつき、よろめき、意識障害、物忘れ、けいれん、時々意識を失うことがある、発作性に気を失う、失神、動きが鈍い、立ちくらみ、ぼけたみたい、顔がぴくぴくする、顔が痛い、顔面神経障害、顔もしくは口が曲がった、物が二重に見える、言葉が出ない、手足がしびれる、手足がふるえる、足を引きずる、歩きにくい、など)