スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

風しん

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年7月17日

コンテンツ番号5963

風疹ウイルスの飛沫感染によって起こる病気です。

発疹や熱が約3日間でなおるので『3日ばしか』とも呼ばれています。

潜伏期間14~21日

かかりやすい年齢と季節

3~10年の間隔で学童を中心に流行します。季節的には春から初夏にかけて最も多く発生しますが、冬にも少なからず発生があり、次第に季節性が薄れつつあります。

症状

  • 軽い発熱とともに顔や首に小さな発疹が出る。
    ・発疹は紅く、小さく、皮膚面よりやや隆起していて、全身に見られる。
    ・発熱と発疹はほぼ同時に現れ3日間ほどで解熱するが、発疹が消えるまでは更に数日要することがある。
    小さい子供の場合は熱が出ないこともある
  • リンパ腺(とくに耳の下、耳の後ろ)がはれ、3~6週間持続することがある。
  • 多少鼻水などが出たり、目が充血することがある。

気をつけたいこと

子供がかかった場合は軽い部類の病気ですが、まれに血小板減少性紫斑病や脳炎、関節炎などを起こすことがあります。また,妊婦が妊娠初期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる赤ちゃん(心奇形,白内障,聴力障害など)が生まれる可能性があります。

1歳を過ぎたら、麻しんに引き続き予防接種を受けておくとよいでしょう。

学校の出席停止期間

学校保健法により、発疹が消失するまでは出席停止となります。

発疹した男の子の様子

発疹

耳の後ろがはれている様子

耳の後ろがはれる

熱・発疹のでかたのグラフ

熱・発疹のでかた

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課 健康危機管理担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2441

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp