スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

知的障害者の福祉について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月3日

コンテンツ番号22339

 川崎市障害者更生相談所では、知的障害者のリハビリテーションに関し、援護の実施機関である区役所保健福祉センター(障害者支援係)又は支所地区健康福祉ステーション(高齢・障害担当)並びに各種施設からの依頼に応じ、専門的・ 技術的な評価・判定・相談を行っています。

 支援費制度に続き、障害者総合支援法が施行され、施設等障害者福祉サービスを利用するためには、利用者がそれを選択し、事業者と契約を行うこととなりました。ここでは「利用者本位のサービス提供」が主眼とされていますが、そのためには「サービス選択」に必要な情報提供、「サービスの質の向上」のための施設支援、「障害者の自己決定」を実現するための権利擁護等の本人支援が不可欠となります。これらを支えていく上で、専門機関としての更生相談所の役割は大きなものとなっていくことは必須です。

 このように福祉情勢の大きな変動を受け、更生相談所に要請される社会的ニーズも変化・拡大していますが、その多様性に応じた柔軟できめ細やかな支援ができるよう、各関係機関との連携を密にして、個々の福祉ニーズに対応していきたいと思います。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部障害者更生相談所

〒213-0002 川崎市高津区二子6-14-10

電話:044-811-0003

ファクス:044-811-0172

メールアドレス:40kosei@city.kawasaki.jp