スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

在宅障害者地域サービス事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年3月28日

コンテンツ番号26752

(1)目的

 この事業は、在宅での生活を余儀なくされている者や、施設利用あるいは就労をしているが不適応を起こしている方等について、本人・家族及び関係者を対象に問題の改善を図り、社会参加を促進することを目的として、昭和63年より実施しています。

(2)対象

在宅障害者及びその家族

ア)在宅のままで適切な社会資源の活用が図られていない障害者

イ)通所施設を利用しているが、集団に不適応を起こしている障害者

ウ)一般就労をしているが、種々の問題を抱えている障害者

(3)方法

ア)講演会
障害者の家族、福祉施設職員、福祉事務所(保健福祉センター)ケースワーカー等関係機関職員を対象に、知識・見聞を広げることを目的として開催

イ)心理判定員及びケースワーカーによるフォロー

更生相談所における評価

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部障害者更生相談所

〒213-0002 川崎市高津区二子6-14-10

電話:044-811-0003

ファクス:044-811-0172

メールアドレス:40kosei@city.kawasaki.jp