川崎フロンターレホームゲームにてゲームスタッフとして障害者就労体験を実施

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年3月31日

【行動計画action6、14、23、29】

プロジェクトの1つである「心のバリアフリー都市川崎」を目指し、ピープルデザイン川崎プロジェクトとの連携による取組として、「川崎フロンターレのホームゲームで就労体験」を展開しています。

就労体験内容

 ボランティアスタッフ約60名に混ざりながら、障害のある方6名程度がゲーム開始前のスタンド椅子拭き、入場口でのチラシ配布、マッチデープログラムの販売など来場者をお迎えする業務をゲーム運営を支える側として行います。

開催日時 

平成26年10月22日(水)15時~19時15分 サガン鳥栖戦

平成26年11月2日(水)12時~16時 清水エスパルス戦

主な就労体験者感想

・少し選手の役に立てたと思う。ゲームスタッフの一員になれた感じがした。(体験者)

・働く意識が芽生えたと思う。人の役に立てて良かった。(体験者)

・お客様がたくさん来て、パンフレットやチラシを配布することができて楽しかった。(体験者)

・丁寧な言葉遣いでお客さんと接することができた。(体験者)

・利用者さんの就労への準備性、実現性などを担当がより理解するきっかけ、得手不得手を利用者自身と担当が知るよいきっかけになると感じました。本人はできると言っている(思っている)ことでも、客観的にみるとそれほどできていなかったり、苦手だと言っていたことが案外強みになりそうだったり、いろいろな発見がありました。(付添職員から)フロンターレさんはとても有名な人気のあるチームなので、お客様が多く最後までしっかり対応できるか心配でしたが、充実した体験になりました。(事業所支援員)

・大げさかもしれませんが、一般就労へ向けた小さな一歩になればと期待しています。いつも荷物の量が非常に多く、なかなか改善が難しかった利用者が、「今回は荷物が置ける場所が非常に狭い」と説明したところ、軽量の荷物で来ることができていたことが大きな前進となりました。接客の場面を見たことのない利用者が、大勢のお客さんを前に物怖じせず大きな声で対応できていました。(事業所支援員)

 

集合写真
いす拭き
チラシ配布
マッチデープログラム販売
チラシ配布
集合写真(平成26年11月2日)

この情報の続きを見る

障害者雇用・就労促進かわさきプロジェクト2014

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部障害者雇用・就労推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2682

ファクス:044-200-3932

メールアドレス:40syosyu@city.kawasaki.jp