スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「川崎市食品衛生法に基づく営業に係る公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する条例」の改正について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月1日

コンテンツ番号66405

「川崎市食品衛生法に基づく営業に係る公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する条例」の改正について

改正の背景

本市では、厚生労働省の「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」に基づき、「川崎市食品衛生法に基づく営業に係る公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する条例」を制定しています。この度、ガイドラインが改正されたことを受け、本市の条例の一部を改正しました。(平成27年7月1日施行)

改正の概要

1 HACCP(危害分析・重要管理点方式)型基準の導入

管理運営基準について、従来の基準に加え、HACCP型基準を追加し、営業者はいずれかの基準を選択することとしました。

2 ノロウイルス食中毒対策

おう吐物に汚染された可能性のある食品の廃棄やおう吐物の適切な処理等、ノロウイルスによる食中毒を防止するための基準を追加しました。

3 行政への迅速な報告

営業者が、消費者等から健康被害のおそれが否定できない情報を探知した場合に、行政へ迅速に報告する基準を追加しました。

HACCPについて

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

健康福祉局 保健所 食品安全課 食品安全担当
電話:044-200-2445
ファクス:044-200-3927
メールアドレス:40syoku@city.kawasaki.jp
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階
なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。