スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

アスク下小田中保育園 総合評価及び全体の評価講評

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年8月12日

コンテンツ番号69874

総合評価

施設の概要・特徴

1.立地
  当園は JR南武線 武蔵中原駅から徒歩15分の閑静な住宅街に位置し、鉄骨2階建ての園舎で、地中熱を利用した空調システムを採用しています。平成23年4月に開園し、現在、1~5歳児62名(定員60名)が在籍しています。近くには公園、保育園、小学校、スーパーがあり、散歩時には地域の方と触れ合える環境があります。  園舎の南側に園庭があり、子どもたちは元気にかけっこや鬼ごっこなどをして遊んでいます。

2.特徴 
「えがおいっぱい」を園目標として、自然と笑顔になる保育を目指しています。設置法人から派遣される専門講師による体操教室、リトミック、英語教室や職員によるクッキング保育、幼児教育プログラム(すぷらうと)を取り入れ、子どもたちの楽しむ心、学ぶ楽しさを育んでいます。

 

全体の評価・講評

特に良いと思う点

1 近隣の 園との交流 

幼保小連携事業園長・校長連絡会議、認可保育園園長連絡会議に園長が参加をして、近隣の公立保育園を子どもたちが訪問して、いっしょに遊ぶなど交流につながっています。また、系列の保育園とは交通安全教室を共同で受けています。子どもたちが他園の子どもとの交流で当園と違った環境や子ども同士の違いも体験しながら、仲良く遊べるよう職員は支援しています。人間関係を広げることは小学校に入る準備にもなっています。

 

2 課題解決のための園内研修 

今年度前期の反省から、園内研修のテーマを「保育園に足りないもの」に職員で決めて、月に2回話し合いを行っています。 現時点で(1)保育力、(2)意見の出し合い (3)外部の交流 (4)報・連・相 の4点が課題として挙げられており、その為にどうするかの話し合いを持って、職員の資質向上につなげています。

3 保護者にアンケート結果や議事録をフィードバックする 

園は日常保育の様子を園だよりや保健だよりなどで知らせ、保護者の意見を行事後のアンケートで収集し、結果を玄関に掲示しています。行事後のアンケートは自由形式で意見・要望を書けるようになっています。ほかに、運営委員会やクラス懇談会での内容を全保護者に書面で伝えています。たとえば、5歳児のクラス懇談会の議事録には、「できるようになったこと」、「就学にむけて」、「保護者意見への回答」などがあり、参加できなかった場合でも会議の様子がわかるように詳細に記載されています。

更なる改善が望まれる点

1 子どもの発達や関心に応じた玩具の充実と主体的に遊べる環境設定の検討を 

かねてより保護者から要望があった園庭の固定遊具として、今年度鉄棒が設置されましたが、有効に活用するために、職員が子どもの運動能力向上のための遊び方、また子どもの遊ぶ様子から発展させる、多様な遊び方の知識を持つことも必要です。
 また、子どもの発達や関心に応じた玩具や本の質・量についての検討や、玩具を自由にとって子どもが主体的に遊べる保育室の環境設定について職員間で話し合い、さらに充実されることが望まれます。
 
2 中期計画を具体的にする事業計画の作成 

中・長期計画について、各年度の解決すべき項目・内容について具体的項目を設定していますが、その実現に向けた年度事業計画の作成はありません。中・長期計画の実現に向けて、実行可能な計画、担当者、達成時期の数値目標等を設定して、実施状況の評価を行う年度事業計画を作られることが期待されます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局総務部企画課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2623

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kikaku@city.kawasaki.jp