スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

アスク元住吉南保育園 総合評価及び全体の評価講評

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2015年9月28日

コンテンツ番号71105

総合評価

施設の概要・特徴

【立地】
 アスク元住吉南保育園は、東急東横線元住吉駅より徒歩7分の住宅街にあります。道路を挟んで目の前に東急東横線の車両基地があり、日中は静かな環境にあります。
 平成25年4月1日の開園で定員60名に対し、1歳児から4歳児まで71名が在籍しています。鉄筋コンクリート2階建で園庭と屋上テラスがあり、子どもたちの遊び場となっています。地中熱エネルギーを利用した空調システムがあり、環境に配慮した設備となっています。近隣には中原平和公園を始め、7か所の公園があります。

【特徴】
 園目標は「えがおいっぱい、げんきいっぱい、やさしさいっぱい」です。
 1歳児クラスは低月齢と高月齢の9名ずつの2グループに保育室を仕切り、月齢に合わせた小集団の保育が行われています。
 年齢・発達に合わせてクッキング保育、英語教室、体操教室、リトミックの各プログラムを取入れ、子どもたちの「楽しむ心」「学ぶ楽しさ」を育んでいます。

全体の評価・講評

特に良いと思う点

1.保護者との意見交流を通じての信頼関係の構築 

保護者の意見・提案を聞く機会として、送迎時のほか、個人面談、クラス別保護者懇談会、運営委員会を設け、親子行事や運営委員会、保育参観時には、アンケートを行い、その行事の感想・意見だけでなく、日々の保育に関する意見や要望を聞いています。年度末には「今年度の運営・保育について」の保護者アンケートを行い、保育運営や行事などについて意見を聞き、園の運営に活かしています。「利用者アンケート」の「サービスの提供」や「利用者個人の尊重」項目で高い数値が示され、保護者との信頼関係の高さがうかがわれます。

2.子どもの意思に配慮した保育 

日々の生活では、子どもの意思を尊重し、子どもの気持ちに配慮した保育が行われています。子どもたちが主体的に活動できるよう、コーナーを作り、絵本、教材、玩具などを子どもたちの手の届く場所に置き、自由に選んで遊べるようにしています。園庭遊びでは子ども同士でルールを決めて遊び、運動会の親子競技や発表会の衣装は子どもの意見を取入れています。子どもの「もっとしたい」という気持を大切にし、可能な限り子どもの気持ちに配慮して支援しています。

3.子どもの状況に関する職員間の伝達方法の確立 子どもの状況に関する職員間の伝達は、早番から担任への伝達は、1歳児は生活記録簿(家庭からの連絡欄)を使い、2歳児以上はクラスごとの「引継ぎファイル」(家庭からの連絡、家庭への連絡事項などを記入)を使って引継ぎを行なっています。担任から遅番への伝達は延長保育日誌を使い、申し送り事項欄に必要事項を記録することにより行っています。さらに、職員用の「伝達ノート」を用意して職員が保護者からの話などを記入し、全職員が出勤時に必ず「伝達ノート」を確認し、確実に情報が職員間で共有できる仕組みとなっています。

更なる改善が望まれる点

1.事業計画の組織的な策定と職員・保護者への周知を 

中期計画を実施するための具体的なサービス内容、数値的目標、作業スケジュール、実施担当者などを盛り込んだ事業計画を職員会議で検討し、組織的に策定することが望まれます。また、事業計画の進捗状況や実施状況の評価・見直しについても、職員会議で検討し、園全体の問題として継続的に取り組んでいくことが望まれます。保護者に対しても、本年度の事業計画を説明し、園の課題について理解してもらい、一体となって取り組んでいくことが望まれます。

2.「苦情・要望受付対応記録」の記載・整備を 

現在、苦情受付対応記録として記載されたものはありません。日頃、保護者から寄せられる苦情・要望などで、再発防止を必要とするケースや他の職員も知っておかなければならないケースについては、些細なことでも「苦情・要望受付対応記録」として継続的に記録をとり、蓄積・整理し、解決に活かしていくことが望まれます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局総務部企画課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2623

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kikaku@city.kawasaki.jp