現在位置:

平成29年度認知症介護指導者養成研修の受講者を募集します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年2月27日

 この研修は、介護保険施設・事業者等における認知症介護の質の向上、及び地域資源の連携体制構築の推進等に必要な能力を身につけるとともに、認知症介護実践研修を企画・立案して実施する認知症介護指導者を養成し、もって認知症者に対する地域全体の介護サービスの充実を図ることを目的としています。

 研修修了後は、川崎市高齢社会福祉総合センターにおいて開催する「認知症介護指導者の会」に御参加いただき、認知症介護実践研修等で企画・立案・講師などを務めていただきます。

研修機関

社会福祉法人 浴風会 認知症介護研究・研修東京センター

東京都杉並区高井戸西1-12-1

対象者

次の1から5の全てに該当する方で、現に勤務している事業所の長が推薦する方。

1 認知症介護実践者研修及び認知症介護実践リーダー研修修了者であること。

2 医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士若しくは精神保健福祉士のいずれかの資格を有する者又はこれに準ずる者。

3 以下のいずれかに該当する者で、おおむね5年以上の介護実務経験を有する者。

  (1)川崎市内の介護保険事業所等で現に介護業務に従事している者。ただし、川崎市からの推薦者は、過去において介護保険事業所で介護業務に従事していた者を含む。

  (2)川崎市内の福祉系大学や養成学校等で指導的立場にある者。

  (3)川崎市内の民間企業で認知症介護の教育に携わる者。

4 研修修了後、川崎市認知症介護実践研修等の企画・立案及び講師として従事することができる者。

5 研修修了後、川崎市において、認知症地域ケア体制を推進する役割を担うことができる者。

募集人数

2名

費用

1 研修受講料  230,000円(研修受講料については、本市が推薦する方については、本市が負担します。応募者が多数の場合は、選考させていただきます。)

2 教材費・保険料 5,000円

3 宿泊費      2,000円(1泊あたり) ※東京センターで宿泊を希望する場合

4 交通費・その他 実費

申込方法

 研修受講希望の意思がある旨、高齢者事業推進課に事前に御一報いただいた上で、必要書類を高齢者事業推進課まで提出してください。選考の上、本市から東京センターへ受講者を推薦いたします。なお、申込多数等の場合、市からの推薦ができないこともありますので御了承ください。

提出書類

 1 受講申込書(別紙様式1)(下記募集要項中の様式をご利用ください。)

 2 所属事業所からの推薦書(参考様式1)

 3 同意書(参考様式2)

 4 受講者選抜考査のための実践事例報告に関する提出書類

   (別紙様式3 3,000字程度)(下記募集要項中の様式を参考にしてください。)

 5 認知症介護実践リーダー研修修了書の写し

提出期限 平成29年3月29日(水)必着

 

その他

 研修内容、費用、受講場所等の詳細については、下記資料を御確認ください。

募集要領等

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2652

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp