スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれたお子さんのB型肝炎任意予防接種

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年8月4日

平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれたお子さんのB型肝炎任意予防接種

 

平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれたお子さんのB型肝炎任意予防接種は終了しました。

 

B型肝炎ワクチンが平成28年10月1日から定期予防接種となりましたが、平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれたお子さんは、平成28年8月以降に生まれたお子さんと比較して接種できる期間が少ないため、平成29年7月31日までに限り、1歳を超えてから行う任意接種の費用を助成します。

対象者

川崎市に住民登録がある、平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれたお子さん

費用

無料

無料で任意接種ができる期間

1歳を超えた日から平成29年7月31日まで

事前の手続き方法

必ず事前に手続きが必要となります。次の書類を川崎市健康福祉局保健所感染症対策課宛てに送付してください。1歳までに3回目を完了できる場合でも、早めに申込いただいて構いません。

必要書類

  • 川崎市B型肝炎任意予防接種申込書(第1号様式)
  • 母子健康手帳のお子さんの名前が記載されたページのコピー(表紙又は1ページ目)
  • 母子健康手帳の予防接種の記録のページのコピー

母子健康手帳の記録を市で確認し、期間内に無料で接種が可能な接種回数分の予診票を交付します。

申込期間

B型肝炎任意予防接種の期間は終了しました。

申込先

〒210-8577

川崎市川崎区宮本町1番地

川崎市健康福祉局保健所感染症対策課 予防接種担当

郵送により上記宛先まで必要書類を送付してください。

手続き後の流れ

必要書類が市へ到着後、おおむね1週間程度で、任意接種用の予診票を送付します。届いた予診票により川崎市予防接種個別協力医療機関において接種を受けてください。

接種スケジュール

  • 1歳以降に1回目の接種から開始する場合

27日以上の間隔をおいて2回接種します。3回目の接種を無料で受けることはできません。また、2回目が平成29年7月31日を過ぎる場合には2回目の接種は無料で受けることはできません。

  • 1歳以降に2回目の接種を行う場合

1回目の接種から27日以上の間隔をおいて2回目を接種し、1回目から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。2回目と3回目の間隔は、最低6日間が空いていれば接種できますが、平成29年7月31日を過ぎてから行う回数分については、無料で受けることはできません。

  • 1歳以降に3回目の接種を行う場合
1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。平成29年7月31日を過ぎる場合には、無料で接種を受けることはできません。

問合せ先

川崎市予防接種コールセンター
電話 044-330-6940
ファクス 044-330-6941
受付日時:午前8時30分から午後5時15分まで
月曜日から金曜日(祝日、年末年始除く)

電話番号のお掛け間違いに御注意ください。コールセンターにお問合せの際に、電話番号でお掛け間違いが発生しています。電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようにお願い申し上げます。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所感染症対策課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2440

ファクス:044-200-3928

メールアドレス:40kansen@city.kawasaki.jp