現在位置:

『くすりと健康フェアかわさき2018』を開催します~ こども調剤体験コーナーの参加者を募集します ~

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年9月13日

「くすりと健康フェアかわさき2018」を開催します。こども調剤体験コーナーの参加者を募集します。

 川崎市と一般社団法人川崎市薬剤師会では、「薬と健康の週間」に係わる行事として、11月11日(日)に川崎市コンベンションホール(ホールA)にて、「くすりと健康フェアかわさき2018」を開催します。

1 開催日時

 平成30年11月11日(日)午前10時30分~午後3時

2 開催場所

 川崎市コンベンションホール(ホールA)

 (川崎市中原区小杉町2丁目276番地1 パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト2階)

3 主な内容

(1)こども調剤体験コーナー

 対象年齢5歳以上 参加無料 先着30組を募集します。

 10月25日(木)9時から川崎市薬剤師会宛てに電話(044-211-2325)かファクス(044-233-5456)でお申込みください。

 こども薬剤師になって、模擬処方箋に従って薬の選択、服薬指導などの調剤の体験をしていただきます。

(2)健康チェックコーナー

 参加無料 当日会場にて先着順に受付します。

 自分で行う健康管理への関心を持っていただくため、血管年齢や骨健康度の測定コーナーを設けます。

(3)くすりの相談コーナー

 参加無料 当日会場にて先着順に受付します。

 一般社団法人 川崎市薬剤師会会員薬剤師が薬についての疑問や質問に答えます。また、ジェネリック医薬品の啓発活動を行います。

(4)経口補水液OS-1(オーエスワン)の展示

 電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液OS-1(オーエスワン)のコーナーを設けます。

(5)薬物乱用防止、献血の推進などの啓発コーナー

 麻薬、覚醒剤、大麻、危険ドラッグ等、身体を蝕む危険な薬物の乱用防止を呼びかけるパネル等の展示及び薬物乱用防止や献血推進のリーフレット等の配布をします。

 その他、各コーナーにて、かかりつけ薬剤師、かかりつけ薬局、お薬手帳に関するパンフレット等を配布します。

「薬と健康の週間」とは

 毎年10月17日から10月23日まで、医薬品を正しく使用することの大切さ、そこに薬剤師が果たす役割を多くの方に知っていただき、保健衛生の維持向上に寄与することを目的として啓発活動を行います。

くすりと健康フェアかわさき2018案内ポスター

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所医事・薬事課 薬物・血液対策担当

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2460

ファクス:044-200-3934

メールアドレス:40iziyak@city.kawasaki.jp