スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

平成30年度の国民健康保険料について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年6月1日

平成30年度の国民健康保険料について

国民健康保険料は、「医療分保険料」、「後期高齢者支援金等分保険料」及び「介護納付金分保険料」の合計額となっています。また、それぞれ、加入者の賦課基準額(*1)に応じて計算される「所得割額」、加入者の人数に応じて計算される「均等割額」で構成されています。

医療分保険料

  1. 所得割額
    国保加入者全員の賦課基準額(*1)の合計×6.94%
  2. 均等割額
    国保加入者人数×33,818円

合計金額が医療分保険料の年額となります。

後期高齢者支援金等分保険料

  1. 所得割額
    国保加入者全員の賦課基準額(*1)の合計×2.46%
  2. 均等割額
    国保加入者人数×11,846円

合計金額が後期高齢者支援金等分保険料の年額となります。

介護納付金分保険料

  1. 所得割額
    国保加入の40歳~64歳の方の賦課基準額(*1)の合計×2.11%
  2. 均等割額
    国保加入の40歳~64歳の方の人数×12,587円

合計金額が介護納付金分保険料の年額となります。

*1 賦課基準額
  平成29年中の総所得金額等から基礎控除(33万円)を差し引いた額をいいます。

医療分保険料年額+後期高齢者支援金等分保険料年額+介護納付金分保険料年額=国民健康保険料

  • 保険料の納付義務者は、被保険者の属する世帯主となります。
    世帯主本人が国民健康保険の被保険者でない場合でも、世帯内に国保の被保険者がいれば、世帯主の方が納付義務者になります(擬制世帯主といいます)。
  • 年間保険料は、6月中旬に納付義務者宛てに「国民健康保険料納入通知書」を送付し、お知らせします。
  • 年間保険料は、次のとおり最高限度額が定められています。
  • 医療分保険料 580,000円
  • 後期高齢者支援金等分保険料 190,000円
  • 介護納付金分保険料 160,000円
  • 所得の申告が遅れている方や、他の市町村から転入されてきた方の場合、当初の保険料は、賦課基準額が「0円」として計算されますが、賦課基準額が分かり次第、保険料を再計算し、改めてお知らせします。
  • 保険料の算定に「所得の基準による軽減措置」及び「川崎市独自の軽減措置」が適用される場合があります。詳しい内容は、関連記事をご確認ください。
  • 国保に加入していた方が、職場等の健康保険に加入しても、自動的に国保脱退にはなりませんので、届出が必要です。また、職場の健康保険の加入・脱退等により、被保険者数が変更となった場合は、保険料を再計算し、改めてお知らせします。

お問合せ先

川崎市こくほ・こうきコールセンター 電話:044-982-0783
川崎区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-201-3151
大師支所 区民センター 保険年金係 電話:044-271-0159
田島支所 区民センター 保険年金係 電話:044-322-1987
幸区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-556-6620
中原区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-744-3201
高津区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-861-3174
宮前区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-856-3156
多摩区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-935-3164
麻生区役所 保険年金課 国保資格・賦課係 電話:044-965-5189

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。