スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和元年8月の前線に伴う大雨又は令和元年台風15号により被災した介護事業所・施設等の事業再開のために必要な備品・設備等に要する費用に関する調査

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月9日

令和元年8月の前線に伴う大雨又は令和元年台風15号により被災した介護事業所・施設等の事業再開のために必要な備品・設備等に要する費用に関する調査

1 調査対象施設

訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、福祉用具貸与、居宅介護支援、

定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)、

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、特定施設入居者生活介護、介護療養型医療施設、地域包括支援センター

2 調査の手順

調査票に必要事項を入力の上、下記担当課までメールで提出してください。

3 提出先

  川崎市高齢者事業推進課  40kosui@city.kawasaki.jp

4 提出期限

  令和元年10月16日(水)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2454

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp