スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

宿泊療養・自宅療養について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年5月7日

コンテンツ番号117268

 感染された方のうち、「無症状・軽症」と診断された方には、ご高齢の方や基礎疾患がある方などを除き、宿泊療養または自宅療養のいずれかをご案内しております。

 その際、皆様の状況に応じて療養できるよう、ご家族の状況なども考慮の上でご案内しております。

宿泊療養

 無症状、軽症の方に療養いただくための宿泊療養については、新型コロナウイルス感染症を乗り切る新たな医療体制「神奈川モデル」外部リンクの枠組みの中で、神奈川県が確保した施設を利用することができます。

受入中の宿泊療養施設

自宅療養

 療養期間中は、県及び市保健所職員において、電話やLINEを用いて、健康状態の確認・把握、症状悪化時のフォローアップをしています。

 川崎市では、必要な方には、パルスオキシメーターを貸し出して、酸素飽和度や呼吸数を確認することにより、健康状態の把握を行っています。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所健康増進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2427

ファクス:044-200-3986

メールアドレス:40kenko@city.kawasaki.jp