スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

公的年金を受給している方で支給要件に該当する場合は児童扶養手当を受けられるようになりました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年4月1日

 これまで、公的年金(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給している場合は児童扶養手当を受給できませんでしたが、児童扶養手当法が一部改正され、平成26年12月から公的年金の額が児童扶養手当額を下回る場合は、その差額分の児童扶養手当の額を受給できるようになりました。

 

新たに手当の対象となる方の例

・児童を養育している祖父母等が、低額な老齢年金を受給している場合

・父子家庭で、児童が低額の遺族厚生年金のみ受給している場合

・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、児童が低額の遺族厚生年金のみ受給している場合など

<参考 児童扶養手当の月額>(平成30年4月分から)

・児童が1人の場合

 全部支給:42,500円

 一部支給:42,490円から10,030円(受給者の所得に応じて10円きざみに決定されます)

・児童が2人の場合

 全部支給:児童1人の月額に10,040円を加算

 一部支給:児童1人の月額に10,030円から5,020円を加算(受給者の所得に応じて10円きざみに決定されます)

・児童が3人以上の場合

 全部支給:児童2人の月額に児童1人増すごとに6,020円を加算

 一部支給:児童2人の月額に児童1人増すごとに6,010円から3,010円を加算(受給者の所得に応じて10円きざみに決定されます)

 ※受給している公的年金の額が児童扶養手当月額よりも低いかどうかは、お住まいの地区の区役所児童家庭課または地区健康福祉ステーションの窓口へご相談ください。  

新たに手当を受けるためには

お住まいの地区の区役所児童家庭課・地区健康福祉ステーションへの申請が必要です。

申請には、戸籍謄本や公的年金の支給額がわかる書類等が必要となりますので、事前にお問い合わせください。

支給開始日について

 児童扶養手当は申請の翌月分から支給されます。 

関連するページ

関連記事

問合せ先

川崎区役所保健福祉センター児童家庭課  電話:044-201‐3219

大師地区健康福祉ステーション        電話:044-271-0150

田島地区健康福祉ステーション        電話:044-322-1999

幸区役所保健福祉センター児童家庭課   電話:044-556-6688

中原区役所保健福祉センター児童家庭課  電話:044-744-3197

高津区役所保健福祉センター児童家庭課  電話:044-861-3250

宮前区役所保健福祉センター児童家庭課  電話:044-856-3258

多摩区役所保健福祉センター児童家庭課  電話:044-935-3297

麻生区役所保健福祉センター児童家庭課  電話:044-965-5158

こども未来局こども家庭課            電話:044-200-2709

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。