スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

自然エネルギー・省エネルギーへの取組

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2011年11月18日

 市の公共建築物の建設にあたり、地球温暖化防止対策の一環として、環境負荷の小さな材料や高効率設備の採用、自然エネルギーを積極的に利用するなど、環境負荷低減に取り組んでおります。

自然エネルギー利用

 市立小中学校や庁舎は太陽光発電や風力発電設備を積極的に設置し、自然エネルギーを電力に変え、施設の電気使用量を抑え、環境負荷低減に努めております。

省エネルギー

 将来改築時や解体後に再利用できる材料を使用し、新築、改修工事等では有害物質を含まない材料の使用、設置する電気・機械設備機器につきましても省エネ型、高効率型の機器を選定し電力やガスなどによる排出CO2の削減、環境負荷の低減に努めております。

自然エネルギー利用設備の設置例

太陽光発電

太陽光発電設備 (川中島中学校)

風力発電

風力発電設備(多摩区役所建設センター)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局施設整備部施設計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2965

ファクス:044-200-3971

メールアドレス:50sisetu@city.kawasaki.jp