スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎都市計画用途地域の変更(鹿島田駅西部地区・新丸子東3丁目地区)の告示の概要

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2007年9月27日

用途地域を次のように変更しました。

計画図

川崎都市計画用途地域の変更(鹿島田駅西部地区)計画図
川崎都市計画用途地域の変更(新丸子東3丁目地区)計画図

都市計画を定める土地の区域

1追加する部分

なし

2削除する部分

なし

3変更する部分

川崎市
 幸区 鹿島田地内
 中原区 新丸子東3丁目地区

計画書

新旧対照表

理由

 本市では、都市の活力や魅力の向上を図り、安全で快適なまちづくりを推進するため、住居、商業、工業など、土地利用の適正な配置による機能的な都市活動の確保や、良好な市街地環境の形成を図ることを目的として用途地域を定めています。

 本案のうち、鹿島田駅西部地区は、本市の総合計画の中で、地域生活拠点として位置付けられている新川崎・鹿島田駅周辺地区の一部を構成しており、鉄道利便性の高い地区の特性を活かし、安全で魅力ある利便性の高い拠点形成を進める地区としております。
 また、「川崎都市計画都市再開発の方針」では、2号再開発促進地区、「川崎都市計画住宅市街地の開発整備の方針」では、重点地区に位置付けられております。
 しかしながら、当地区は、都市基盤施設が未整備であり、低未利用地が多く、位置付けにふさわしい土地の一体的な高度利用が図られていない状況にあります。
 このため、鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発事業を適切に誘導し、都市基盤施設の整備とともに、土地の高度利用、商業・業務、都市型居住等の機能の導入を図り、地域生活拠点にふさわしい安全で魅力ある利便性の高い複合市街地を形成する必要があることから、区域面積約1.7haについて、用途地域を変更しようとするものです。

 次に、本案のうち、新丸子東3丁目地区は、本市の総合計画の中で、広域拠点として位置付けられている小杉駅周辺の一部を構成しており、土地の高度利用を図りつつ、商業・業務、研究開発、文化交流、都市型居住等の機能が集積した広域的な拠点の形成を目指すこととしております。
 また、「川崎都市計画都市再開発の方針」では、2号再開発促進地区、「川崎都市計画住宅市街地の開発整備の方針」では、重点地区に位置付けられております。
 しかしながら、当地区は、駅前にありながら、都市基盤施設の整備水準が低く、土地の高度利用が図られていない状況にあります。また、JR横須賀線武蔵小杉新駅の設置に伴う連絡通路が計画されていることから、土地の再編と都市基盤施設の整備を目的とした土地区画整理事業が予定されております。
 このため、商業・業務、都市型居住等の機能が計画的に導入された、本市の広域拠点にふさわしい魅力ある複合市街地の形成を図るため、区域面積約1.2haについて、用途地域を変更しようとするものです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局計画部都市計画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2711

ファクス:044-200-3969

メールアドレス:50tosike@city.kawasaki.jp