狭あい道路拡幅整備事業について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月25日

川崎市狭あい道路拡幅整備事業について

あなたの家の前の道路が狭いと

  • 災害時の避難に
  • 火災時の消火活動に
  • 清掃車のごみ収集に
  • 福祉サービス活動に
  • 日常の交通安全に
  • 建物の通風・採光に 支障ありませんか?

 このような問題を解決するために、川崎市狭あい道路拡幅整備要綱(以下「要綱」という。)に基づく、川崎市狭あい道路拡幅整備事業があります。
 市民の方の積極的なご協力をお願いいたします。

狭あい道路に面している敷地に、建物を建てるには?

 はじめに、建築を行う場合の通常の手続きのほかに、狭あい道路を拡幅整備するための協議を行っていただきます。
 狭あい道路は、その中心線から両側へ2m後退した線が道路の境界線とみなされますので、建物等は、その線から出ないように建築しなければなりません。

狭あい道路概要図

拡幅整備の対象は?

 現在の道幅が4m未満の建築基準法による道路(建築基準法第42条第2項の規定により特定行政庁が指定した道路)またはこれに準ずる道が対象となります。

拡幅整備の内容は?

  1. 道路の中心線及び後退線の位置を明示する杭を支給します。
  2. 後退用地について、市による舗装整備を希望されかつ要綱に基づき市で舗装整備が可能な場合は、市で舗装整備を実施し、後退表示板を設置します。それ以外の場合は、申請者にて自主整備していただくことになります。
  3. 公道の場合において、後退用地の寄附を希望されかつ道路管理者(各区の道路公園センター等)が寄附受納可能と判断した場合には、後退用地にある門、塀、樹木及び擁壁などの除却費の一部について、寄附手続き完了及び当該整備支障物件の除却工事等完了後に、助成金をお支払します。
  4. 後退用地の固定資産税及び都市計画税は、非課税の取扱いとなります。

拡幅整備のための手続きは?

拡幅整備のための手続きフロー

川崎市狭あい道路拡幅整備要綱について

川崎市狭あい道路拡幅整備助成金交付要領について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築審査課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3016

ファクス:044-200-0984

メールアドレス:50kesins@city.kawasaki.jp