スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

住宅用家屋証明書について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年5月9日

住宅用家屋証明書を取得するためには

取得要件や必要な書類等について

住宅用家屋証明書とは

 一定の要件を満たした住宅用家屋を新築(増築)又は取得し、自己の居住の用に供することを証明するものです。住宅用家屋に係る保存登記及び移転登記、抵当権設定登記を行う際、登録免許税の軽減措置を受ける場合に必要となります。

住宅用家屋証明書を発行できる住宅用家屋の要件

  • 個人が自己の居住用に新築(増築)又は取得したものであること(取得の場合は、取得原因が「売買」又は「競落」であること)
  • 新築(増築)又は取得後1年以内に、登記を行うこと
  • 家屋の床面積が50平方メートル以上であること
  • 区分建物については、耐火建築物・準耐火建築物・低層集合住宅のいずれかに該当すること

 建築後使用されたことのある家屋(中古住宅等)や租税特別措置法第74条の3に規定する増改築がされた家屋など、特定の家屋に該当する場合は、別途要件が加わります。

手数料

1件につき1,300円

申請に必要な書類について

受付窓口

まちづくり局指導部建築管理課(川崎区宮本町6番地 明治安田生命ビル11階)

 場所の詳細については、こちらの地図を確認してください(市役所本庁舎の隣になります。区役所では受け付けていません)。

受付時間

午前8時30分から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始などの閉庁日を除く)

正午から午後1時の時間は職員の交代制により、受付を行っています。

大量申請について

 大量申請(1日10件を超える申請)は、発行までに日数を要しますので、事前に電話で御相談ください。申請から発行までの日数の目安は、次のとおりです。

 11~20件    2~3日程度

 21~50件    4~5日程度

 51件       御相談

(日数は申請日を除く開庁日の日数です)

郵送による申請受付について

 郵送による申請を受け付けています。申請が庁内に到達してから発行までに2~3日を要するため、時間に余裕をもって申請してください。また、郵便小為替については、過不足の無いようにお願いします。

【送付するもの】 

  • 申請に必要な書類一式
  • 証明1件につき、1,300円の郵便為替(定額小為替)
  • 返信用切手を貼った返信用封筒
  • 連絡先(電話番号、担当者名)を記したもの(書類について御連絡する場合があります)

【郵送による送付先】

 〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地  

 川崎市まちづくり局指導部建築管理課 

 (封筒に「住宅用家屋証明申請書 在中」と記載してください。)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築管理課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3015

ファクス:044-200-3089

メールアドレス:50kekan@city.kawasaki.jp