スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

高速鉄道3号線(横浜市営地下鉄ブルーライン)の延伸に関する「川崎市側の有力ルート案(東側ルート)の考え方」についての意見募集の結果及び本市の基本的な考え方を取りまとめました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月2日

 横浜市高速鉄道3号線の延伸「あざみ野~新百合ヶ丘」については、川崎市側に新たに設置する中間駅が、本市にとって大きなメリットとなるよう、地域交通やまちづくりの視点で、実現可能な3つのルートを比較評価し、その上で、「東側ルート(ヨネッティー王禅寺付近)」をより整備効果の高い有力ルート案とする考え方について、意見募集を行ってまいりました。

 (意見募集の内容はこちら

 このたび、意見募集の結果及びそれを踏まえた本市の基本的な考え方を取りまとめましたので、次のとおりお知らせいたします。

1 「川崎市側の有力ルート案(東側ルート)の考え方」についての意見募集の結果

  • 意見募集期間 令和元年9月17日(火)~10月16日(水)
  • 意見提出数     104通
  • 意見件数    261件
  • 主な意見

   〇費用対効果や事業採算性に関すること            17件

   〇地域交通の視点(地域交通との連携)に関すること    46件

   〇まちづくりの視点(機能分担や波及効果)に関すること  96件

   〇その他評価全般に関すること                  39件

   〇早期開業に向けた事業推進に関すること            16件

   〇周辺環境や住環境等への配慮に関すること             7件

   〇新百合ヶ丘駅周辺のまちづくりに関すること              8件

   〇その他の意見                            32件

   

2 川崎市の基本的な考え方について

  • 川崎市側のルート案について、説明会や意見募集などを通じて、東側ルートを有力ルート案とする本市の考え方の趣旨に沿った御意見が寄せられる一方、中央・西側ルートを希望する意見も寄せられ、その趣旨を踏まえ、これまでの内容に新たに補足した内容を加えて精査したところ、東側ルートが、より整備効果が高いことを改めて確認いたしました。
  • 意見募集の結果を踏まえ、このたび、本市の基本的な考え方として、東側ルートを有力候補といたします。
  • この内容について、情報提供等を行うとともに、最終的なルート選定に向け、引き続き、公正かつ公平な観点から精査を行い、今年度内を目途に、横浜市と調整を進めながら、総合的に判断し選定してまいります。

閲覧資料

資料の閲覧場所

資料の閲覧場所
 川崎市横浜市 
まちづくり局交通政策室(明治安田生命ビル6階)都市整備局都市交通課(横浜市役所6階)
宮前区役所まちづくり推進部企画課交通局建設改良課(横浜花咲ビル6階)
多摩区役所まちづくり推進部企画課横浜市ホームページ
麻生区役所まちづくり推進部企画課
川崎市ホームページ 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局交通政策室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-1976

ファクス:044-200-3970

メールアドレス:50kousei@city.kawasaki.jp