スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

測量助成制度適用の利点

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年4月1日

公図混乱の解消

 公図混乱を解消する手法の一つとして集団和解をする方法があります。これは、ある一定区域の土地所有者全員がお互いの境界を確認し合い、地権者全員で公図の訂正を行う方法ですので地域全体が協力して測量を実施しなければなりません。
 測量助成制度は、その測量にかかる費用を川崎市が助成する制度で、その制度の適用により次のような効果が期待できます。

良好な財産管理

  • 測量費用の助成を受けることにより自己負担額が2割で「地積測量図」や「公図」が登記所に備え付けられるとともに本人にもその写しが手に入ります。
  • 公図混乱が解消され、不動産売買など権利関係を移動する場合に生ずる問題を防げます。
  • 境界標を隣接地主が立会い・了解の上で埋設するので境界に関する紛争を回避できます。
  • 土地の公簿面積と実測面積を一致させ、道路部分と宅地部分を明確化し分筆登記するので固定資産税の過不足が是正されます。
  • 土地や道路との境界が確認できるため将来にわたり道路と宅地との境界の問題が起りません。

私道の公道化

  • 道路の維持管理の地元負担が無くなります。
  • 公共下水道や水道管の整備が図られます。
  • 公道以外の民有地を通る必要がなくなり、通行を妨害される等の心配もなくなります。
  • 所有地が公道に接することとなり宅地の財産価値が上がります。

 

下線の引いてある各項目をクリックしてください。それぞれの詳しい説明が記載されているページに移ります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局道路管理部管理課 企画係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1  川崎駅前タワー・リバーク14階

電話:044-200-2811

ファクス:044-200-7703

メールアドレス:53kanri@city.kawasaki.jp