フサオマキザル

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年8月21日

フサオマキザル

学名

Cebus apella

英名

Tufted Capuchin

分類

霊長目 オマキザル科

原産地など

 南米、アンデス山脈東側の南緯20度以北の亜熱帯林と熱帯林に広く住んでいます。
 樹上生活に適応し、木の枝に尾を巻きつけられるように進化したため、オマキザルと名付けられました。
 大好物の熟した果実を求め、10頭前後の群れで生活しています。
 とても頭の良いサルで、遊びの行動があったり道具を使うことが知られています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局緑政部夢見ヶ崎動物公園

〒212-0055 川崎市幸区南加瀬1-2-1

電話:044-588-4030

ファクス:044-588-4043

メールアドレス:53yumemi@city.kawasaki.jp