スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

五反田川放水路夏休み親子見学会(平成29年8月17日、18日)を開催しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年12月28日

 将来を担う子供達に土木の現場を身近に感じていただくため、分流施設工事現場の見学会を行いました。開催日の平成29年8月17日、18日は曇り空の不順な天候でしたが、2日間合計64名の方に参加いただきました。
 普段は入れない工事現場で約60mの立坑を階段で下り、完成した地下トンネルの一部を歩き、工事で使用する掘削機の試乗体験やドローンからの撮影、測量機器による測量体験をしていただきました。

見学会の現場平面図

見学会当日の順路
1概要説明→2立坑・トンネル見学→3高所作業車試乗→4掘削機試乗→5測量機器・ドローン

現場平面図

当日の状況写真(8月17日)

概要説明

市職員による見学会と事業概要の説明。わかり易く説明したつもりでしたが、少し難しかったかな。

立坑下り

狭くて少し揺れる仮設階段を約60m、途中2回の休憩を入れながら下りていきました。下を見おろすと少し恐いかも。

立坑下

立坑下に到着。大人は疲労感、子供は元気いっぱいで丸い空を見上げ、自分が降りてきた高さを実感。

トンネル入口

いよいよ、トンネルの中へ!

トンネル内

涼しい風が吹き抜けるトンネルの中は、歩いても歩いても景色が変わらず、暗闇がずっと続く。懐中電灯の明かりだけが頼り・・・。ひとりじゃなくて良かった。

掘削機試乗体験

掘削機に乗って工事現場の雰囲気を体験。
左右のレバーでアームを・・・、ブームを・・・、バケットを・・・、旋回、う~ん工事現場の人ってすごいなぁ。

ドローンから撮影

測量に使用するドローンで上空から撮影。
空中の一点で静止!
思っていたよりドローンの飛行って安定してるんですね。

見学いただいた方々の主な感想

  • 普段入ることの出来ない所を見学できて貴重な体験ができた。とても勉強になった。
  • トンネルが暗くて、大きくてすごかった。身近な所でこのようなものがあるなんて、驚いたし、完成が楽しみに感じる。
  • 現場近くを通るたびに気になっていたので、今回のような見学会をする機会があり、とても楽しかった。

 

あとがき

 今回は工事現場内の見学会であったことから雨天中止とする段取りでした。例年では夏らしい晴れの日が続く時期との印象を持っていましたが、連日雨が続いており、当日も曇時々雨の予報で中止するか否か悩みながら、両日とも当日の朝8時に開催を決めました。見学会中は大きな天候の崩れもなく、また事故もなく無事に終了できました。18日には神奈川新聞とタウンニュースの記者が来場され、見学者も取材を受け、紙面に掲載されました。

 私達も初めての試みで、不安な中での開催となりましたが、見学者の皆様から温かい言葉をいただき、大変感謝しております。参加者の皆様ありがとうございました。なお、来年度以降も見学会を開催したいと考えておりますが、工事の進捗や作業状況によっては開催できないこともありますので、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局道路河川整備部北部都市基盤整備事務所

〒215-0026 川崎市麻生区古沢120

電話:044-955-1200

ファクス:044-955-1173

メールアドレス:53hokuki@city.kawasaki.jp