本文へ移動

水質管理と放流水質

下水道には、風呂やトイレ、炊事や洗濯などの生活排水や、工場、研究所などの事業活動に伴う排水が排除されます。これらの排水は、下水管を通って、市内4箇所の水処理センターにそれぞれ集められ、活性汚泥法と呼ばれる微生物(活性汚泥)を活用した処理を行った後、河川や海に放流されます。水処理センターの流入水は、一般に、灰黄色で、BODがおおよそ200mg/L程度の大変汚れた水ですが、水処理を行うことによって、無色透明で、BODが3〜10mg /L程度と、魚が生息できる程度まで浄化されます。

水質管理 かっぱ

BODとは、水の汚れを表す指標で、一般的に数字が大きいほど水が汚れており、数字が小さいほどきれいな水であると言えます。ちなみに、ビールのBODは5〜10万mg/L、ラーメンスープのBODは2〜3万mg/L程度です。

-市からのお願い-
下水道にシアンや六価クロムなどの有害物質、油や酸・アルカリなどが流入すると、微生物が死滅するなど、処理機能に大きな影響を与えるので、これらを下水に流さないでください。

水処理センターからの放流水は、法令(水質汚濁防止法、川崎市公害防止等生活環境の保全に関する条例等)で排水基準を守るよう義務づけられています。そのため、流入水や放流水の水量・水質の変化、施設内の微生物(活性汚泥)の状況などを常に監視し、最も適した運転条件で処理を行うことで、良好な放流水質を保っています。また、水質の測定には、ガスクロマトグラフ質量分析計やICP発光分光分析装置などの高度な分析機器も使用し、緊急時にも迅速に対応できるようにしています。

放水状態をチェック かっぱ

詳しく知りたい方のためのデータ集

水処理センターの概要 (PDFファイル 235KB) ダウンロード01
水処理センター放流水の基準  (PDFファイル 71KB)ダウンロード02
平成27年度の水処理センター放流水質(規制項目)  (PDFファイル 59KB)ダウンロード03
平成27年度の水処理センター放流水質(内分泌攪乱化学物質等) (PDFファイル 46KB)ダウンロード04

更新日:2016年12月21日

下水道水質課
電話 044-200-2629
FAX 044-200-3980
※ 掲載中のすべてのコンテンツの無断複製・転載を禁じる。