本文へ移動
災害の時には

川崎市上下水道局

〒210-8577
川崎市川崎区宮本町1番地

  • ホーム » 
  • 災害の時には » 
  • 災害時応急給水拠点

災害時応急給水拠点

給水風景
災害時応急給水拠点は、地震などの災害で断水が起きた場合に、応急給水を行う施設です。 上下水道局では平成25年度末までに、災害時応急給水拠点を市内全域に139箇所整備し、市民の皆様が居住している場所から約750メートル以内において応急給水が受けられるようになりました。 現在、これに加えて、職員による開設が不要な応急給水拠点の整備を進めています。

◆いざという時のために、ご自宅や通勤・通学場所に一番近い応急給水拠点の確認をお願いします。

◆応急給水拠点にお越しの際には、水を入れる容器(ポリタンクやペットボトルなど)を持参してください。

◆応急給水拠点まで受水に来ることができない高齢者、障がい者等の災害時要援護者については、可能な限り給水車による運搬給水で対応することにしています。

応急給水拠点検索

ガイドマップかわさきを利用して、地図上や住所などから、市内の応急給水拠点を検索することができます。

応急給水拠点一覧表

区名をクリックすると,区ごとの一覧表にジャンプします。
川崎区 幸区 中原区 高津区 宮前区 多摩区 麻生区

川崎区

           
番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
川崎1 浮島町11-3 浮島バスターミナル前 100
川崎2 千鳥町13-1 JX日鉱日石エネルギー梶@川崎製造所前 600
川崎3 水江町3-3 三菱電線工業(株)前 700
川崎4 扇町2-5 昭和シェル石油(株)前 400
川崎5 白石町1 JR鶴見線武蔵白石踏切前 100
川崎6 殿町1-17-19 市立殿町小学校前 300
川崎7 観音2-23-7 大師公園前交差点南側 800 水道管工事のため、
9月5日から9月14日の期間使用できません。
川崎8 浜町1-10-3 アキヤマ(株)本社ビル前 200
川崎9 富士見1-1-4 横浜地方裁判所川崎支部前 200
川崎10 小田1-9-17 小田1丁目中央公園前 500
川崎11 東田町8-14 NTT川崎支店前(国道15号) 1200
川崎12 東田町11-27 新川橋病院前(国道15号) 1200
川崎13 南町17 南町交番前(国道15号歩道) 1200
川崎14 東田町5-4 川崎市役所第3庁舎正門前 350
川崎15 堀之内町10-14 神奈川日産自動車(株)前(国道15号) 1200
川崎16 大師公園1 大師公園内 1200 貯留管 容量100m3
川崎17 桜本1-14-3 桜川公園内 200
川崎18 日進町5-1 上並木公園西 1200
川崎19 小田4-20 小田公園内 - 貯水槽 容量100m3
川崎20 小田7-3-1 防災センター内北側 - 貯水槽 容量100m3
川崎21 東扇島31 東扇島福利厚生センター前 300
川崎22 富士見2-1-2 市立富士見中学校内 - 貯水槽 容量100m3
川崎23 池上新町1-2-4 市立桜本中学校西側 200
川崎24 浜町2-11-22 市立臨港中学校北側 200
川崎25 渡田向町11-1 市立渡田中学校東側 200
川崎26 小田2-21-7 市立田島中学校西側 200
川崎27 四谷上町24-1 市立南大師中学校南側 150
川崎28 下並木50 市立川崎中学校東側 100
川崎29 藤崎2-19-1 市立川中島中学校内 - 貯水槽 容量100m3
川崎30 日ノ出2-17 出来野公園内 - 貯水槽 容量100m3
川崎31 大師河原2-1-1 市立大師中学校西側 -
川崎32 中島3-3-1 市立川崎高等学校附属中学校西側 150
川崎33 田島町14-1 市立渡田小学校内 - 既設水栓型
川崎34 東門前2-6-1 市立大師小学校内 - 既設水栓型
川崎35 宮前町8-13 市立宮前小学校内 - 既設水栓型
川崎36 小田4-12-24 市立小田小学校内 - 既設水栓型

幸区

     
番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
幸1 都町39-1 南河原公園東側 -
幸2 小倉4-3-24 市営バス小倉下町バス停西側十字路 200
幸3 南加瀬3-10-1 市立南加瀬中学校西側 300
幸4 下平間1-2 市住宅供給公社鹿島田グリーンハイツ前 1000
幸5 戸手本町1-11-1 幸区役所構内 100
幸6 東古市場1 御幸公園内 1200 貯留管 容量100m3
幸7 北加瀬2-3-1 市立日吉中学校前 200
幸8 南加瀬2-19-4 南加瀬五反公園内 - 貯水槽 容量100m3
幸9 塚越1-60 市立塚越中学校内 - 貯水槽 容量100m3
幸10 中幸町4-31 市立南河原中学校内 - 貯水槽 容量100m3
幸11 戸手4-2-1 市立御幸中学校西側 300
幸12 古市場1-1 市立古市場小学校内 - 既設水栓型
幸13 南加瀬4-24-1 市立南加瀬小学校内 - 既設水栓型
幸14 古川町70 市立古川小学校内 - 既設水栓型

中原区

           
番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
中原1 上丸子山王町2-1369 上丸子山王町西交差点東側 100
中原2 木月住吉町1-1 市立東住吉小学校東側 1300
中原3 木月4-32-1 東急東横線ガード下 700
中原4 宮内2-11-1 市営東急バス上宮内バス停 800
中原5 下小田中2-17-1 市立西中原中学校東側 200
中原6 井田1-40 交通局井田営業所車庫前 1300
中原7 小杉町3-245 中原区役所北側 300
中原8 木月住吉町33-1 中原平和公園内 1200 貯留管 容量100m3
中原9 宮内4-1-2 等々力緑地正面入口会館とどろき横 1200 貯留管 容量100m3
中原10 下新城1-15-2 市立新城小学校西側 300
中原11 中丸子562 市立玉川中学校東門 200
中原12 小杉陣屋町1-24-1 市立中原中学校南門 200
中原13 今井仲町7-1 市立今井中学校西側 300
中原14 井田杉山町11-1 市立井田中学校内 - 貯水槽 容量100m3
中原15 上丸子八幡町845 市立上丸子小学校内 - 貯水槽 容量100m3
中原16 下小田中1-4-1 市立大戸小学校内 - 貯水槽 容量100m3
中原17 上平間1480 市立平間小学校内 - 貯水槽 容量100m3
中原18 上平間1368 市立平間中学校南側 100
中原19 下沼部1955 市立下沼部小学校内 - 既設水栓型
中原20 下小田中2-17-1 市立西中原中学校内 - 既設水栓型
中原21 下新城1-15-1 市立新城小学校内 - 既設水栓型
中原22 小杉陣屋町1-24-1 市立中原中学校内 - 既設水栓型

高津区

番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
高津1 北見方1-11-2 第3京浜道路下渡辺紙器製作所前 600
高津2 千年578 千年交番前 200
高津3 久末637 久末天照大神社南東側 1100
高津4 溝口5-24 クリオ溝の口壱番館西側 300
高津5 新作1-24-5 橘処理センター西側道路 200
高津6 溝口1-6-7 てくのかわさき前 350
高津7 下作延2-8-1 高津区役所正門前 200
高津8 新作1-19-1 市民プラザ東門入口 200
高津9 梶ヶ谷2-10 梶ヶ谷第1公園内 1500 貯留管 容量100m3
高津10 久末1938 久末表耕地公園内 - 貯水槽 容量100m3
高津11 千年1300 市立橘中学校南側 350
高津12 溝口4-19-1 市立高津小学校内 - 貯水槽 容量100m3
高津13 子母口321 市立東橘中学校北側 200 東橘中学校解体工事中のため、現在使用できません。
高津14 下野毛2-8-3 下野毛2丁目公園内 - 貯水槽 容量100m3
高津15 末長4-4-1 市立東高津中学校東側 200
高津16 久本3-11-3 市立久本小学校内 - 貯水槽 容量100m3
高津17 久地3-16 久地の里公園内 - 貯水槽 容量100m3
高津18 千年1300 市立橘中学校内 - 既設水栓型

宮前区

      
番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
宮前1 野川3006 東急バス野川台西口バス停東側 150
宮前2 有馬6-6-1 中有馬交差点東側 600
宮前3 宮崎3-5-15 市立宮崎台小学校北東側 800
宮前4 土橋3-1-1 上下水道局鷺沼配水所南側 200
宮前5 菅生6-33-13 ハイツブルーム前 1500
宮前6 菅生ヶ丘29-8 稗原交差点北側 200
宮前7 宮前平2-20-5 宮前区役所構内駐車場内 300
宮前8 神木本町2-10-1 東高根森林公園内 1200 貯留管 容量70m3
宮前9 野川801 市営・東急バス
野川郵便局前バス停
100
宮前10 菅生4-6-10 向ヶ丘自動車学校入口 300
宮前11 野川3142-1 市立野川中学校北側 200
宮前12 野川3029 野川第3公園内 - 貯水槽 容量100m3
宮前13 有馬7-7-1 市立有馬中学校南側 150
宮前14 宮崎107 市立宮崎中学校東側 150
宮前15 宮前平2-7 市立宮前平中学校南側 100
宮前16 平3-15-1 市立平中学校北側 100
宮前17 神木本町5-11-1 市立向丘中学校南側 150
宮前18 犬蔵1-10-1 市立犬蔵中学校北側 150
宮前19 菅生2-10-1 市立菅生中学校西側 -
宮前20 犬蔵1-10-1 市立犬蔵中学校内 - 既設水栓型
宮前21 土橋3-1-1 上下水道局鷺沼配水所南側 - 併設型
宮前22 宮崎3-18 市立宮崎台小学校内 - 既設水栓型

多摩区

     
番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
多摩1 堰3-8 堰交差点東側 200
多摩2 長尾6-34-7 上下水道局長尾加圧ポンプ所前 150
多摩3 枡形3-4-1 シャリエ向ヶ丘遊園前 1000
多摩4 菅2-3-12 市営・小田急バス稲田堤駅入口バス停 200
多摩5 菅馬場2-17-1 ネオコーポ京王稲田堤 150
多摩6 三田4-6-15 上下水道局長沢浄水場北側 300
多摩7 西生田1-15-6 高石歩道橋 600
多摩8 西生田5-28-1 上下水道局高石配水塔北側 350
多摩9 登戸1775-1 多摩区役所正門前 350
多摩10 宿河原4-21 市立稲田中学校西側 300
多摩11 登戸599 シャルム登戸前 200
多摩12 生田7-22-1 市立生田小学校内 100
多摩13 枡形6-26 民家園入口前 150
多摩14 菅北浦4-13 西菅公園駐車場奥 - 貯水槽 容量100m3
多摩15 登戸新町227 登戸第2公園内 - 貯水槽 容量100m3
多摩16 菅馬場4-1 市立南菅中学校北側 350
多摩17 三田2-5420-2 市立生田中学校西側 150
多摩18 宿河原3-18-1 市立稲田小学校内 - 貯水槽 容量100m3
多摩19 菅城下28-1 市立菅中学校内 - 貯水槽 容量100m3
多摩20 中野島3-12-1 市立中野島小学校内 - 貯水槽 容量100m3
多摩21 枡形1-22-1 市立枡形中学校西側 -
多摩22 南生田3-4-1 市立南生田中学校西側 -
多摩23 中野島1-16-1 市立中野島中学校東側 100
多摩24 中野島1-16-1 市立中野島中学校内 - 既設水栓型
多摩25 西生田5-28-1 上下水道局高石配水塔北側 - 併設型
多摩26 三田5-1-1 上下水道局長沢浄水場北東側 - 併設型
多摩27 三田3-6-4 市立三田小学校内 - 既設水栓型
三田5-1-1 小田急バス浄水場入口バス停 - 東京都長沢浄水場の開設不要型応急給水拠点

麻生区

     
番号 給水拠点の所在地 目標 管径mm 備考
麻生1 千代ヶ丘7-3-20 小田急バス千代ヶ丘バス停 300
麻生2 万福寺1-11-3 麻生警察署前交差点東側 350
麻生3 東百合丘4-42-7 三井住友銀行百合ヶ丘出張所前 600
麻生4 王禅寺東5-50-46 東柿生郵便局北側 100
麻生5 上麻生5-11-1 グランドメゾン上麻生前 300
麻生6 栗平1-1-26 小田急・神奈川中央交通バス 吾妻バス停 300
麻生7 栗木台2-15-1 川崎市黒川青少年野外活動センター前 200
麻生8 岡上680 市立岡上小学校北 350
麻生9 万福寺1-5-1 麻生区役所構内 200
麻生10 虹ヶ丘1-21-1 虹ヶ丘公園内 - 貯水槽 容量100m3
麻生11 岡上675-1 市立岡上小学校内 - 貯水槽 容量60m3
麻生12 王禅寺東4-14-2 市立王禅寺中央中学校西側 200
麻生13 上麻生4-39-1 市立麻生中学校北側 200
麻生14 上麻生6-40-1 市立柿生中学校北側 300
麻生15 はるひ野4-8-1 市立はるひ野中学校西側 300
麻生16 細山2-2-1 市立西生田小学校北側 -
麻生17 東百合丘4-12-1 市立長沢中学校北側 -
麻生18 金程3-16-1 市立金程中学校東側 150
麻生19 白鳥1-5-1 市立白鳥中学校南側 300
麻生20 細山2-2-1 市立西生田小学校内 - 既設水栓型
麻生21 金程2-10-1 市立金程小学校内 - 既設水栓型

応急給水拠点の種類

1 応急給水拠点

災害時には、組立式の給水器具を取り付けて応急給水拠点を開設します。 応急給水拠点に設置されている災害対策用給水装置格納庫には、組立式の給水器具のほか、応急給水拠点を開設する際に必要な ポンプなどの器具が入っています。

応急給水用格納庫 縦型
縦型
応急給水用格納庫 横型
ベンチ式
矢印
給水中
応急給水拠点の開設状況(訓練の様子)


<災害対策用給水装置格納庫と応急給水拠点の開設状況>


1-1 管路上の応急給水拠点

災害時には、主要な送・配水管などの地震に強い水道管に設置してある空気弁や消火栓に組立式の給水器具を取り付けて、応急給水拠点を開設します。

1-2 災害対策用貯水槽の応急給水拠点(貯水槽)

災害対策用貯水槽とは、水道管路の一部として水が流れている地下式の貯水槽で、平常時は循環していますが、 災害時には緊急遮断弁が作動し、貯水槽の中に貯まった水を確保する設備で、一部の公園や市立小中学校などの地下に埋設しています。
なお、災害時には、手動ポンプ等を接続して応急給水拠点を開設します。

貯水槽の仕組み
<災害対策用貯水槽のしくみ>

1-3 貯留管の応急給水拠点(貯留管)

貯留管とは、平常時は水道管路の一部として水が循環していますが、水道管の一部を太くし、管の中に水を貯めることができる構造になっていて、一部の公園の地下に埋設しています。
また、災害時には、手動ポンプ等を接続して応急給水拠点を開設します。

2 開設不要型応急給水拠点

東日本大震災を踏まえ、応急給水拠点の利便性を高め、より迅速な応急給水の実現を図るため、職員による開設が不要な応急給水拠点の整備を進めています。

2-1 小中学校等の既設給水栓を利用した開設不要型応急給水拠点(既設水栓型)

小中学校等の既設給水栓を利用した開設不要型応急給水拠点は、小中学校の校庭等にある屋外の水飲み場の水道管を、耐震性の高いものに改良し、通常時は水飲み場として、 災害時には応急給水拠点として使用するものです。
この応急給水拠点は地震に強い水道管でつながっており、校舎等の建築物の給水設備 から分離しているため、災害時に校舎の水道管が損傷して使用できない場合でも、応急 給水拠点は使用することができます。また、市立小中学校は災害時の避難所となってい ますので、災害時には地域の皆様が各自で給水することが可能です。

開設不要型応急給水拠点(既設水栓型)
< 開設不要型応急給水拠点(既設水栓型) >

校門などには案内板が設置されています。
開設不要型応急給水拠点
水飲み場には表示版が設置されています。


2-2 配水池・配水塔を利用した開設不要型応急給水拠点(災害時注水地点併設型)

配水池・配水塔を利用した開設不要型応急給水拠点は、耐震性を備えた配水池・配水塔に確保した水を、地域の皆様が各自で給水することのできる施設です。
浄水場で作られた水は、配水池・配水塔に一度貯められた後、水道管で各ご家庭まで送られています。この配水池・配水塔は、地震計により大きな揺れを感知すると緊急遮断弁が作動し、複数池のうち1池の水を確保する構造にするとともに、耐震化をしています。
なお、拠点には常設型の蛇口を整備してあり、入口は通常時は施錠していますが、災害時には地域の自主防災組織等により開錠することで、蛇口から給水が可能です。
また、この施設は給水車に注水を行う災害時注水地点が併設されています。

開設不要型応急給水拠点(災害時注水地点併設型)
< 開設不要型応急給水拠点(災害時注水地点併設型)>
標示板
拠点には標示板が設置されています。


水の備蓄のおすすめ

発災後、直ちに必要となるのは水です。日頃からご家庭で水を備蓄していただくことをお勧めします。
人間が生命維持のために摂取する必要がある水の量は「成人で1日あたり2リットルから2.5リットル」と言われています。これに若干の余裕を加えた3リットルを3日分程度、 市販のペットボトルや水道水のくみ置きなどにより、各ご家庭で備蓄しておきましょう。

<水道水をくみ置きする時には次の点に気を付けましょう。>

1 密栓できる容器を選び、よく洗ってから使用してください。
2 水道水は容器の口までいっぱいに入れ、ホコリや雑菌が入らないようにしっかりとフタをしてください。
3 保存場所は冷暗所を選びましょう。
4 保存できる期間は20リットルで約1週間程度が目安です。
(こまめに水道水を入れ替えましょう。)


※1 水道水に含まれる残留塩素は空気に触れる面が少ない方が長くもちます。
※2 残留塩素には消毒効果があり、細菌の繁殖を一定程度抑えることができますが、時間が経つと残留塩素が減少するため、細菌が繁殖しやすくなります。
※3 一部の家庭用浄水器では、残留塩素を取り去ってしまうものがあります。残留塩素がなくなった水は保存には向きませんのでご注意ください。
庶務課
電話 044-200-3096
FAX 044-200-3982