スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

NS形ダクタイル鋳鉄管における切管用挿口リングのタッピンねじタイプへの移行について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2009年4月14日

NS形ダクタイル鋳鉄管の切管用挿口リングの固定方式を、リベットタイプからタッピンねじタイプに移行します。

切管用挿口リングの適用基準

口径Φ75mm~450mmのNS形ダクタイル鋳鉄管の布設工事において、切管用挿口リングはタッピンねじタイプを適用します。

タッピンねじタイプの切管用挿し口リングには、 「タッピンねじタイプ」と「タッピンねじタイプ(継輪接合用)」の2種類の材料が規格化されていますが、使用材料の適用は原則 「タッピンねじタイプ」とします。

適用

平成21年4月以降に契約する工事から適用します。

暫定措置

切管用挿口リングのタッピンねじタイプへの移行に当り、平成21年度契約工事までは、従来のリベット式切管用挿口リングを使用できるものとします。

※川崎市水道局工事標準仕様書水道土木工事編1-1-4管布設工6継手類(接合)(1)ダクタイル鋳鉄管の接合(3)NS形ダクタイル鋳鉄管の接合を参照してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局水道部水道管路課

電話:044-200-3159

ファクス:044-200-3944