現在位置:

生田浄水場ほか7箇所運転監視・保守点検業務委託に関する公募型プロポーザル方式の実施について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年4月5日

生田浄水場ほか7箇所運転監視・保守点検業務委託に関する公募型プロポーザル方式の実施について

上下水道局では、工業用水道事業の再構築計画に基づいて、工業用水道の主要な施設である生田浄水場をはじめとして、稲田取水所、平間配水所等の施設整備を実施し、平成27年度に完了したところです。

これらの施設については、将来にわたり工業用水の安定給水を確保するとともに、より効率的な運転管理を実現するため、民間企業が有する技術力、知識、経験等の積極的な活用により、包括的な運転監視、保守点検業務を実施するものです。

本業務を安定的かつ効率的に実施するには、浄水場の運転管理に関する高度な技術力、豊富な実績等が受託者に求められることから、「川崎市上下水道局業務委託に関するプロポーザル方式事務取扱要綱」に則り、公募型プロポーザル方式により資格要件を満たす者から広く技術提案を求め、受託適格者を特定するものです。

 

公募型プロポーザル方式案件

生田浄水場ほか7箇所運転監視・保守点検業務委託(公告)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。