スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

コース1 親子で楽しめる!東芝科学館とかわさき名産品でひと休みコース

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年10月21日

コース1 親子で楽しめる!東芝科学館とかわさき名産品でひと休みコース

※現在は、東芝科学館は閉館し、川崎駅西口に東芝未来科学館がオープンしました。

詳細については、東芝未来科学館ホームページ外部サイトへリンクしますをご覧ください。

川崎駅西口北86番のりばから、今日のお出かけはスタートです。

東芝科学館へは、川74系統の上平間行き、小杉駅前行きのバスで約15分ほど、「東芝科学館前」で下車します。

まずは、研究開発センター正門入口から入り、入館バッジをもらったら、科学館入口に向かいましょう。科学館入口では、アテンダントさんが出迎えてくれます。

ここで、少し東芝科学館のご紹介をします。

東芝科学館は、多くの方々との交流を通じて、東芝の企業文化を知っていただくことを目的に設立されました。創業以来130年以上にわたる企業活動のあゆみ、さまざまな技術革新の軌跡を紹介するとともに、環境・エネルギー、半導体、社会インフラ、デジタルプロダクツ分野の先端技術を身近に体験できる施設です。

「体験する」「見る」「学ぶ」「知る」をコンセプトに、わかりやすい展示やアテンダントさんによる案内、科学実験教室が魅力の施設です。

東芝科学館を訪れたら、是非、編集おススメの次の展示物を体験してください。

(1)東芝一号機ものがたり

東芝一号機ものがたり写真

東芝科学館の3階では、世界初・日本初の電化製品の展示物が目白押しです。
私たちの生活が便利になったのも、あんなものやこんなものが発明されたから…。
見れば見るほど、技術の進歩のすごさに関心してしまいます。
世界初・日本初の懐かしい電化製品を、是非、皆さんの目で確かめてみてください。

(2)マンモスランプ体験

マンモスランプ体験

私たちの普段の生活で身近な電球。
皆さんは、50,000Wの電球の明るさを想像できますか?
だんだんと明るくなり、最高点では目をあけてはいられないほど。
昭和36年に開館以来50年以上もの間、現役で活躍している貴重な展示物です。
是非、50,000Wの明るさを体験してみてください。

(3)静電気発生体験

静電気発生体験

東芝科学館といえば、これ!
なんと50万ボルトの静電気を体験できます。
静電気発生装置に手を置きアテンダントさんが静電気を流すと、髪の毛がどんどん逆立つから不思議です。
静電気が流れている間は、不思議なことに全く痛くないので、怖がらずに挑戦してみてください。

東芝科学館では、この他にも体験できる展示物が盛り沢山。夏休みの自由研究はもちろんのこと、大人の社会科見学にもピッタリです!

是非、続きは現地でご体験ください。癒し系のかわいいロボットにも出会えます。

東芝科学館をたっぷり楽しんだ後は、かわさき名産品でひと休み。東芝科学館を出て少し歩いた脇道に、お目当てのお店が見えてきます。

(4)吉田屋

吉田屋

和の趣きのお洒落な外観に、かわさき名産品のみゆきの梅の赤い暖簾が映える、ここ吉田屋さんは、創業62年の和菓子屋さんです。
現在は、二代目のご主人と三代目の息子さん、娘さんとでお店を切り盛りされています。

(5)かわさき名産品 みゆきの梅

みゆきの梅

ショーケースにはさまざまな和菓子が並んでいますが、おススメは、これ!
かわさき名産品に認定されている「みゆきの梅」は、白あんの中に梅の甘露漬が入っていて、梅の甘酸っぱさがアクセントの癖になる味です。
価格は、1個 160円です。

(6)かわさき名産品 多摩の松風

多摩の松風

次のおススメは、これ!
同じくかわさき名産品に認定されている「多摩の松風」は、黒糖を使った生地を蒸し上げた和菓子です。中のつぶあんとふわふわの生地の相性がピッタリです。
ボリュームたっぷりなので、これ一つでお腹いっぱいになります。
価格は、1個 140円です。

(7)「多摩の松風」の書

「多摩の松風」の書

店内には、「多摩の松風」の書が額縁に飾られています。
三代目の息子さんに聞いてみたところ、ご近所の書道家さんが書かれているのだとか!
ちなみに、多摩の松風のパッケージや暖簾も書道家さんの作品とのことでした。

美味しい和菓子と素敵な書道で、お腹いっぱいになったら、お帰りも是非、市バスをご利用ください。

戸手一丁目バス停から、川74系統の川崎駅西口北行きのバスで約10分ほどで終点「川崎駅西口北」に到着します。

いかがでしたか?東芝科学館でたっぷり見て学んで体験して、かわさき名産品に舌鼓。今度のお休みは、是非、市バスでぶらりとお出かけください。

アクセス情報

東芝科学館

  • 住所 川崎市幸区小向東芝町1番地
  • 電話 044-549-2200
  • 開館時間 午前9時~午後4時45分
  • 休館日 日曜日、祝日、東芝科学館特定日(東芝科学館のホームページにてご確認ください。)
  • 入館料 無料
  • アクセス 川崎駅西口北86番のりばから、川74系統「上平間」行き、「小杉駅前」行きのバスで約15分「東芝科学館前」下車徒歩5分

※現在は、東芝科学館は閉館し、川崎駅西口に東芝未来科学館がオープンしました。

詳細については、東芝未来科学館ホームページ外部サイトへリンクしますをご覧ください。

吉田屋

  • 住所 川崎市幸区小向町2-1
  • 電話 044-511-3859
  • 営業時間 午前6時~午後6時
  • 定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は営業)、第3火曜日
  • アクセス 川崎駅西口北86番のりばから、川74系統「上平間」行き、「小杉駅前」行きのバスで約10分「戸手一丁目」下車徒歩5分

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 交通局自動車部管理課

電話:044-200-3210

ファクス:044-200-3946