メニューを飛ばして本文へ
 Menu
川崎市立井田病院 看護部
川崎市看護職員募集サイト
本文へ
  文字サイズ 
川崎市立川崎病院 看護部

ようこそ看護部へ

副院長あいさつ

救急から在宅まで切れ目のない医療を提供しています。

井田病院 副院長 兼 看護部長 武田玲子
井田病院 副院長 兼 看護部長 武田玲子
川崎市井田病院は、がん診療連携拠点病院、緩和ケア病棟、2次救急医療、地域連携医療、市内唯一の結核病棟を有する病院として、救急から在宅まで切れ目のない医療を提供しています。このように多彩でバラエティ豊かな看護を実践できることが、井田病院で働く看護師の強みであり、誇りでもあります。

これからの時代、地域包括ケアを推進する上で看護師の役割発揮は重要です。地域にしっかりバトンを渡し、多様な地域ニーズに対応できる、しなやかで柔軟性のある看護師の育成を目指しています。

最後まで、その人らしさを尊重したケアを継続するために、院内外の多職種間と連携したチーム医療は必須な存在です。井田病院は入院から在宅まで、患者さんに寄り添い思いを尊重した看護を提供できる病院です。

看護部理念

私たちは、医療チームの一員として、つねに生命の尊厳と人格・人権を尊重することを判断・行動の基本とし、患者・家族の個別性を生かした継続看護を目指します。
専門職として、個々の看護ケアの質の向上を図るための研究に努め、看護実践の水準を高めます。
公務員の責任を自覚し、「温かい心と優しい手、確かな技術」を提供します。

基本方針

私たちは、看護行為を行なう上で、看護協会に定める「看護者の倫理綱領」を遵守すると共に、以下をよりどころとし、行動していきます。

1. 全ては、患者さんの安全のために
2. 全ては、患者さんの安楽のために
3. 全ては、患者さんの満足のために

活動目標

  1. 専門職として、質の高い看護を提供する。
  2. 再編整備事業の推進
  3. 医療チームの一員として病院経営に参画する。
  4. 看護職員個々が活き活きと働くための職場環境を構築する。