スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

東高根遺跡

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年7月20日

空から見た東高根遺跡img

空から見た東高根遺跡

住所

宮前区神木本町2(東高根森林公園内)

交通案内

JR・東急線「溝口駅」南口から市営バス溝15~19系統「森林公園前」下車、徒歩3分

地図

解説

 東高根(ひがしたかね)遺跡(神奈川県史跡)は、縄文時代後期・晩期の集落遺跡として著名な長尾(ながお)の下原(しもっぱら)遺跡に隣接して位置しています。遺跡は、標高55mほどをはかる台地上にあり、その斜面は三方を小さな谷によって囲まれています。
 この遺跡は、弥生時代から古墳時代にかけての集落跡で、台地斜面に繁茂しているシラカシ等の貴重な植物群集(神奈川県天然記念物)とあわせて、現在、県立東高根森林公園として一般公開されています。保存を優先しているため、まだ本格的な発掘調査はなされていませんが、周辺の遺跡の調査成果を参考にすると、東高根ムラ住人の生活ぶりは、つぎのように推測できます。
 まず、彼らの日常的な住まいは、前代の縄文人と同じで、地表面を半地下式に掘りくぼめた竪穴(たてあな)式の住居でした。
 生業も多分に縄文的で、谷戸(やと)水を利用してコメ作りを開始したとはいえ、その多くは近くの森のなかに棲む小動物を狩猟したり、春・秋には球根やたわわに実るドングリ等の堅果の実を採集して食糧にしていたものと考えられます。
 ところで、縄文人は仲間が死んだときは、住まう空間であるムラの広場に集団墓をつくって霊魂を鎮めていましたが、この遺跡をつくった弥生人は、考古学者が方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)と呼んでいる家族墓をムラから離して営むようになりました。ちなみにこの遺跡の西側には、長尾鯉坂(こいさか)遺跡があり、そこからは一辺が20mもある大形の方形周溝墓が発見されています。
 このように多摩川と平瀬川に挟(はさ)まれた長尾周辺の古代遺跡は、ムラと墓、大きなムラ(母村)と小さなムラ(分村)、あるいはムラと生業の場との関連等を考えるときたいへん重要な意味をもつ地域です。

所有指定文化財

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3306

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp