寿福寺

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年12月20日

国一禅師坐像

木造 国一禅師坐像

住所

多摩区菅仙谷1-14-1

交通案内

JR南武線・京王相模原線「稲田堤駅」下車、徒歩30分

地図

解説

 寿福寺は仙谷山と号し、臨済宗建長寺派の寺で、縁起によると推古天皇6年(598)に開基されたといわれています。
 禅宗では祖師尊崇の傾向が強く、数多くの肖像彫刻が造られました。像主は多くの場合、法衣を着て曲彔(きょくろく)と呼ばれる椅子に坐り、法衣の裾や袖は曲彔の下に垂れ下がるように表されています。この種の像を美術史では頂相(ちんそう)彫刻と呼んでいます。
 当寺には市の重要歴史記念物に指定されている木造国一禅師坐像が所蔵されています。本像は、法衣の裾を垂下し、曲彔に坐す通常の頂相彫刻の姿に造られています。構造は寄木(よせぎ)造、玉眼(ぎょくがん)で、漆地に彩色を施していましたが、現在はほとんど剥落しています。
 像主の個性的な顔立ちは的確に表現されていますが、法衣の表現に少し形式化の跡が認められるところから、禅師が亡くなってから暫くした後に造立された追慕像で、制作年代は室町時代と考えられています。像主が国一禅師であることは、像の首枘(くびほぞ)に「国一禅師」と記された銘文などによってわかります。
 国一禅師は、常陸の国に生まれ、無学祖元に師事した後、下総光福寺や鎌倉万寿寺(廃絶)や建長寺の住職を勤め、元亨元年(1321)に89歳で亡くなりました。
 また、胎内には2枚の銘札が納入されており、正徳5年(1715)に仏師薩摩が、明和6年(1769)には三橋永助がそれぞれ修理したこと、大正8年(1919)に建長寺(鎌倉市)の塔頭であった向上庵(廃絶)から寿福寺に移されたことがわかります。

※当寺では一般に公開しておりません。

所有指定文化財

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp