盛源寺

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年12月20日

盛源寺庚申塔

庚申塔

住所

多摩区長沢1-29-6

交通案内

小田急線「百合ヶ丘駅」から小田急バス百01系統「聖マリアンナ医科大」行き、「溝口駅南口」から市営バス溝18系統「聖マリアンナ医科大」行き、「盛源寺」下車、すぐ

地図

解説

 盛源寺は戦国時代末期に開かれた曹洞宗の寺院です。本堂へ向う参道の右手に寛文10年(1670)銘の庚申塔(こうしんとう)(市重要郷土資料)があります。
 本塔は石造りの舟形光背(ふながたこうはい)型式の塔で、塔身部の側、背面部を荒削りなノミ整形仕上げとしています。三猿は初期の庚申塔らしく、ともに正面を向き、腰を落した姿勢で右から口・耳・目をふさぐポーズをしています。三猿のうえ塔身部正面には「山王大権現為供養也」等の銘を中心に寛文十年霜月の紀年と「武州橘郡菅生郷長沢村」と戦国期的な郷名(ごうめい)を冠した村名を陰刻しています。
 川崎市域には無量院寛文元年銘の庚申塔を最古として、現在320基ほどの庚申塔が確認されておりますが、それらの中で本塔は塔形態・三猿等のシンプルな造形表現において、近世初期庚申塔の特徴をよく伝える貴重な資料です。
 庚申信仰は、仏教思想に道教などの民間信仰が習合(しゅうごう)して成立したもので、人の体内に住む三尸(さんし)が、庚申の夜天帝にその人物の善悪を報告するといわれ、これを避けるため庚申の日通夜で過ごす慣行があります。
 古くは貴族層や武家社会で信仰されておりましたが、近世に入ると地方村落の間にも普及し、農民たちが講(こう)を組織して60日に一度、講中の家に集まり、祈祷(きとう)ののち飲食を共にして楽しい一時を過ごしました。
 彼らは信仰の証しとして、しばしばそのモニュメントとなる石造庚申塔を造立しました。

所有指定文化財

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp