スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

紙本着色 五趣生死輪図

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

紙本着色 五趣生死輪図

紙本着色 五趣生死輪図 1幅

年代

明治25年(1892)

法量

縦294.7cm 横173.2cm

所有者

妙楽寺(多摩区長尾3-9-3)

指定

市重要歴史記念物 平成8年(1996)1月25日

解説

 2本の角をもつ無常大鬼が腹前に五趣生死を描いた大きな輪を抱き、上部には虚空に浮かぶ丸い円が白色でシンボリックに描かれ、「涅槃円浄」と記されている。
 五趣生死の輪は、中心に小円を表わし、外輪と小円のあいだは五等分して、右上から順に天・畜生・地獄・餓鬼・人間の各界(すなわち五趣)を、小円中には定印坐像の一仏を配し、その周辺に鳩・蛇・猪を描いて、それぞれ多貧・多瞋・多癡と註記する。
 また、輪環をもつ無常大鬼の回りにも葬送の人々や、舟を漕ぐ人物など12因縁を中心に18種の図柄を表わす。
 「五趣生死輪図」は地獄絵の1ジャンルで、インドの、アジャンター第17号窟にその痕跡をとどめ、現在でもチベットやネパールなどの国々で流布している。
 日本では、12世紀初頭に奈良・興福院の中門に、この仏画と推定される図柄のものが懸けられていた記録(「七大寺巡礼私記」)があるが、その後の作例はみられない。
 江戸時代末期、江戸駒込・西教寺8世沙門潮音が画工に命じて当図を作成し、人々の求めに応じ木版刷りを刊行し、明治に及んだ。
 妙楽寺の本図は明治25年(1892)、潮音の図を参考に26日で完成させたという大画面の大作で、表装裏面に作図の縁起が貼付されている。
 大画面を破綻なくまとめて品格もあり、わが国では類例の少ないテーマを扱った大作として注目すべきものである。

表装裏墨書名

明治二十五年七月二十四日 東台壽昌沙門慈尚敬識 つかのまも この五輪見る人と ともにさとらむ 涅槃圓輪

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp