現在位置:

第2回かわさき文化財フォーラム「市民活動がつなぐ文化財を生かした魅力あるまちづくり」を開催します。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年12月13日

第2回 かわさき文化財フォーラム「市民活動がつなぐ文化財をいかした魅力あるまちづくり」

 川崎市では、文化財の保護・活用を地域全体で効果的に行い、文化財をいかした地域づくりを進めていきます。まちづくりや文化財の保護・活用に関わる市民活動はますます注目され、その広がりが期待されるようになってきています。

 市民活動のもつ可能性をいかして、文化財を保護・活用しながら魅力的なまちづくりを進めるにはどうしたらよいか、基調講演や市内活動団体の事例報告・討論から、ともに考えましょう。

日時

平成26年1月11日 土曜日 午後1時~午後4時(開場 午後0時30分)

会場

高津市民館 大会議室(川崎市高津区溝口1-4-1 マルイファミリー 12階)

定員

当日先着300人 参加無料

プログラム

基調報告

 「川崎市文化財保護活用計画の策定にむけて」(川崎市教育委員会)

基調講演

「市民活動と文化財を生かしたまちづくり」

講師:塩見 寛 氏(まちづくりコンサルタント、静岡県建築士会景観整備機構副代表)

パネルディスカッション  市内活動団体の事例紹介 〕

・「『中原街道』の歴史や『安藤家長屋門』を地域全体で守り伝える」 安藤均氏(武蔵中原観光協会)

・「里山を守り、大地と人とまちとをつなぐ交流を生む」 石井よし子氏(里山フォーラムin 麻生)

・「地域で支える学校と連携した博物館の取組」 久保倉良三氏/板倉敏郎氏(柿生郷土史料館支援委員会)

パネルディスカッション 討論

 コメンテーター:塩見 寛 氏・三浦 卓也 氏(マヌ都市建築研究所主席研究員)

 事例報告者とコメンテーターがさまざまな角度から、市民活動と文化財を生かしたまちづくりや市民活動の可能性について語り合います。開場からの積極的な御意見を大歓迎します!

第2回かわさき文化財フォーラム 広報チラシ

関連イベント

平成と昭和36年の川崎市の空中写真を、3Dで見られる機器を使って比較してみよう!

日時

平成26年1月11日 午前10時~正午

会場

教育委員会地名資料室(川崎市高津区溝口1-6-10 てくのかわさき4階)

会場への地図

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp