現在位置:

【受講者募集】 「地名塾」 地名が語る現代人へのメッセージ~地名の魅力と市町村合併・自然災害の視点から~

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年1月14日

平成25年度地名塾「地名が語る現代人へのメッセージ~地名の魅力と市町村合併・災害の視点から~」

 市町村合併や災害が今日的課題として取りざたされている昨今ですが、日本全国の「地名」という視点から、市町村合併や災害を捉え、地名の大切さや魅力を再確認しませんか?

実施内容

第1回 平成26年1月28日 午後1時30分~午後3時30分

演題:「明治町村制における行政村名の特徴」

講師:今尾 恵介氏(日本地図学会地図と地名専門部会主査・一般財団法人日本地図センター客員研究員)

第2回 平成26年2月4日 午後1時30分~午後3時30分

演題: 「なぜ”地名”か」

講師: 谷川 彰英氏(筑波大学名誉教授・ノンフィクション作家)

第3回 平成26年2月12日 午後1時30分~午後3時30分

演題:平成大合併の新市名の傾向と自治体名のあり方」

講師:今尾恵介氏(日本地図学会地図と地名専門部会主査・一般財団法人日本地図センター客員研究員)

※ 祝日の影響で、この日のみ水曜日の開催です。ご注意ください。

第4回 平成26年2月18日 午後1時30分~午後3時30分

演題:「全国の難読地名」

講師:谷川 彰英氏(筑波大学名誉教授・ノンフィクション作家)

第5回 平成26年2月25日 午後1時30分~午後3時30分

演題:「災害と地名」

講師:谷川 彰英氏(筑波大学名誉教授・ノンフィクション作家)

会場

てくのかわさき(川崎市高津区溝口1-6-10)4階展示場

主催 等

主催 川崎市教育委員会

共催 川崎市生活文化会館

募集概要

対象

川崎市内に在住・在勤・在学の方

※川崎市以外に在住の方は、川崎市内の勤務先か学校名を記入してください。

定員

50名(定員を超えた場合は抽選となります)。

参加費

1人 1,500円(会場までの交通費は自己負担です)

申込方法

往復はがきに、郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入の上、

213‐0001 川崎市高津区溝口1-6-10 てくのかわさき4階

川崎市教育委員会地名資料室 あてお送りください。

往復はがき1枚につき、1名のお申込みとします。

申込締切

※平成26年1月7日(火)消印有効で募集を締め切りましたが、若干定員に空きがありますので、参加をご希望される場合は地名資料室まで電話でお問い合わせください。

 

問合せ

川崎市教育委員会地名資料室  (月曜・祝日・年末年始は休室)

電話 044-812-1102 FAX 044‐812‐2079

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp