現在位置:

平成29年度 川崎市高等学校奨学生【学年資金】募集要項

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年5月31日

1 目的

 高等学校(中等教育学校の後期課程、及び特別支援学校の高等部、高等専門学校(第1学年から第3学年まで)及び専修学校の高等課程を含む。)に在学する生徒で、能力があるにもかかわらず、経済的理由のため修学が困難な方に奨学金を支給します。

2 申請基準

  1. 平成29年4月15日時点において、川崎市内に住所を有する高校生であること。
  2. 学業成績について、平成28年度の全履修科目の評定結果の平均値が、5段階評価で3.5以上であり、在学する高等学校長からの推薦が受けられること。
    ※平均値は、小数点以下第2位を四捨五入し、小数点以下第1位までの値とする。
  3. 平成28年1年間における世帯の総所得が、下記基準額以内であること。
総所得の目安
世帯人数2人3人4人5人6人7人
総所得約246万円約294万円約337万円約383万円約417万円約467万円
(総収入)約376万円約435万円約489万円約547万円約589万円約651万円

 ※世帯の年齢構成などにより基準額に相違がありますので、あくまでも目安としてください。
 ※「総所得」は給与所得の方は給与所得控除後の金額、事業所得の方は総収入から必要経費を差し引いた後の金額が基本となります。
 ※具体的には、市民税の「非課税証明書」や「課税額証明書」の「合計所得金額」であり、世帯に収入のある方が複数いる場合は、それぞれの所得を合算した額となります。
 -川崎市高等学校奨学金【学年資金】申請基準(抜粋)-
 基準額は、平成28年4月1日を基準日として、生活保護法による保護の基準の規定に従い、次の算式により算出した額とする。
 「第1類基準額+第2類基準額(冬季加算及び期末一時扶助を含む。)+教育扶助+住宅扶助+生業扶助(高等学校等就学費)」

3 奨学金【学年資金】の概要

  1. 募集人員 750名程度
  2. 支  給  額 
学年資金の年間支給額
 国公立私立
年額(月額)(加給年額)年額(月額)(加給年額)
第1学年36,000円3,000円 60,000円5,000円 
第2学年61,000円3,000円25,000円85,000円5,000円25,000円
第3学年46,000円3,000円10,000円70,000円5,000円10,000円

 ※定時制高等学校の第4学年は、それぞれの区分の第1学年と同額を支給します。

 ※高等専門学校については、第3学年までが対象となります。

3. 支給期間 1年間(平成29年4月から平成30年3月まで)

4. 支給時期 4月分から9月分を8月に、10月分から翌年3月分を2月に支給します(加給年額は2月に支給)。
 ※2月分の受給については、推薦のあった高等学校に平成30年1月1日時点で在学していることが必要です。

5. 支給方法 本人又は保護者名義の金融機関口座へ振込みます。

6. その他 川崎市高等学校奨学金は、他の奨学金との併給を制限しておりません。 

4 学校への提出書類

  1. 奨学資金支給申請書・推薦書【学年資金用】(申請書は学校から取り寄せてください。)
  2. 生活保護世帯の場合、被保護証明書(世帯全員が記載され、最近3か月以内に発行されたもの。写しも可。)
  3. 児童養護施設や里親に委託されている場合は、在籍証明書児童委託証明書(写しも可)
  4. 2~3以外の人は、下記(1)~(3)のうちいずれかの書類(写しも可)
    (1)平成29年度市民税・県民税の課税額証明書、非課税証明書又は免除証明書
    ※市税事務所、区役所(支所)市税証明発行コーナー等で発行するもので、通常6月以降であれば取得することが可能です。
    (2)平成29年度給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定通知書
    ※会社員や公務員等の給与所得者の方で、給与から住民税が差し引かれている方は勤務先から6月頃に配布されます。
    (3)平成29年度市民税・県民税税額決定・納税通知書のうち「住所氏名」「所得控除内訳」「所得金額内訳」が記載されているページ(川崎市の場合1~3枚目)(写しも可)
    ※主として事業を営んでいる方に対して、平成29年1月1日に住んでいた市区町村から6月頃に郵送されます。
    ◆上記(1)~(3)の書類について
    ※世帯人員の中で、18歳以上の全員の証明書が必要です(高校生、大学生、予備校生等を除く。)。
    ※扶養に入られている方でも、証明書が必要です(合計所得金額は「***」等で表示されているものでも構いません)。ただし配偶者控除を受けている場合は、配偶者の所得証明書は不要です。
  5.  その他
    (1)提出いただいた書類は、原則として返却いたしません。

    (2)提出いただいた書類に記載された内容については、川崎市高等学校奨学金事務にのみ使用し、プライバシーには十分配慮して取り扱います。

5 受付期間・提出先

  1. 在学している高等学校経由で申請していただきます。各高等学校の指定する期間内に、上記書類を学校に提出してください。なお、各高等学校から川崎市教育委員会への提出期間は、平成29年6月12日(月)から6月23日(金)までとなっております。
  2. 受付期間経過後に、世帯の生計を主として維持する者等が亡くなった場合、震災、風水害、火災その他これらに類する災害をこうむった場合は、平成30年2月28日(水)まで受け付けます。

6 調査結果の通知

 教育委員会が定めた採用基準に達しているかどうか、提出された書類により教育委員会で調査を行い、結果については、平成29年7月下旬に直接御自宅へお送りします。

7 問合せ先

〒210-0004
川崎市川崎区宮本町6番地 明治安田生命ビル3階
川崎市教育委員会学事課 電話044-200-3267

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会総務部学事課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3267

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88gakuzi@city.kawasaki.jp