現在位置:

地名塾「多摩川 地名とその周辺」受講者を募集します。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年11月1日

地名塾「多摩川 地名とその周辺」受講生を募集します。

 地名資料室では、地名のおもしろさや奥深さを体感するきっかけを提供するために講座「地名塾」を毎年開催しています。

 川崎市と東京都の境を流れる多摩川は、市民にとって身近な河川の一つです。今回の講座は、地名との関係を加味しながら、特定の分野や時代に特化せず、多様な分野にまたがる内容となっています。多摩川をさまざまな視点からとらえるきっかけになっていただければと思います。

 ふるってご応募ください!

日程:次の5回(日)で1講座です。

時間は各回とも午後1時30分から午後3時30分です。

第1回 平成31年1月31日(木)

「川崎市域における多摩川の地形と地名」

對馬 醇一 氏(かわさき市民アカデミー講師)

第2回 平成31年2月7日(木)

「多摩川の漂着伝承」

澁谷 卓男 氏(川崎市立日本民家園 園長)

第3回 平成31年2月14日(木)

「多摩川の治水の歴史―多摩川改修100年―」

 齊藤 勝紀 氏(国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所 調査課長)

 第4回 平成31年2月21日(木) 

 「川崎市の『刈宿』という地名を考える」

 青山 宏夫 氏(国立歴史民俗博物館 教授)

 第5回 平成31年2月28日(木)

 「多摩川下流域の近代史―郊外開発に注目して―」

  髙嶋 修一 氏(青山学院大学経済学部 教授) 

定員:50人(18歳以上で全回参加できる方)

申込方法:事前申込制。

 (1)(2)いずれかの方法を選択の上で、参加者1名につき1回の申込み。

 (1)往復はがきによる申込 (往復はがき1枚で1名まで)

応募者の郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号を必ず

記入してください。

1月9日(水)必着。定員を超えた場合は抽選

あて先

〒213-0001

川崎市高津区溝口1-6-10 てくのかわさき4階

川崎市教育委員会地名資料室

(2)川崎市ホームページよりフォームメールによる申込

1月9日(水)必着。定員を超えた場合は抽選

(1回の申込みで1名まで)

受講料 :全5回分で1人1,500円

会場:てくのかわさき

詳細については、チラシを御覧ください。

平成30年度地名塾「多摩川 地名とその周辺」チラシ

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市教育委員会事務局文化財課地名資料室
電話   044-812-1102
ファクス 044-812-2079