スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市職員(大学卒程度)採用試験 社会福祉区分の受験資格 について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年3月17日

 社会福祉区分の受験資格は、年齢の他に社会福祉主事の任用資格を有する人又は翌年3月までに取得見込みの人となっています。社会福祉主事の任用資格を取得するための要件は次のとおりです。

  1. 学校教育法に基づく大学において、厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目(3科目以上)を修めて卒業すること。指定科目については、下の表を参照してください。
  2. 厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了すること。
  3. 社会福祉士又は精神保健福祉士

1 平成12年3月31日までに大学を卒業した人に適用される科目(32科目)

社会福祉概論、社会福祉事業史、社会福祉事業方法論、社会調査統計、社会福祉施設経営論、社会福祉行政、公的扶助論、児童福祉論、保育理論、身体障害者福祉論、知的障害者福祉論、老人福祉論、医療社会事業論、地域福祉論、協同組合論、法律学、経済学、心理学、社会学、社会政策、経済政策、社会保障論、教育学、刑事政策、犯罪学、倫理学、生理衛生学、公衆衛生学、精神衛生学、医学知識、看護学、栄養学

2 平成12年4月1日から適用される科目(34科目) ※12年度に大学に在学した人は、表1も適用されます。

社会福祉概論、社会福祉事業史、社会福祉援助技術論、社会福祉調査論、社会福祉施設経営論、社会福祉行政論、社会保障論、公的扶助論、児童福祉論、家庭福祉論、保育理論、身体障害者福祉論、知的障害者福祉論、精神障害者保健福祉論、老人福祉論、医療社会事業論、地域福祉論、法学、民法、行政法、経済学、社会政策、経済政策、心理学、社会学、教育学、倫理学、公衆衛生学、医学一般、リハビリテーション論、看護学、介護概論、栄養学、家政学

3 厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目の読替えの範囲

 厚生労働省からの通知により読み替えの範囲が示されています。(平成25年3月28日社援発0328第3号)

社会福祉概論

社会福祉原論、社会福祉原理論、社会福祉論、社会福祉、社会福祉概説、社会福祉学概論、社会福祉学、社会事業概論、社会事業、社会福祉総論、社会福祉1、社会保障制度と生活者の健康、現代社会と福祉

社会福祉事業史

  1. 社会福祉事業史論、社会福祉発達史、社会福祉発達史論、社会事業史、社会事業史論、社会福祉の歴史
  2. 日本社会福祉事業史と西洋社会福祉事業史を履修していること

社会福祉援助技術論

  1. 社会福祉援助技術、社会福祉援助技術総論、社会福祉方法論、社会福祉方法原論、社会福祉方法原理、社会福祉方法総論、社会福祉方法、社会事業方法論、社会事業方法、ソーシャルワーク原論、ソーシャルワーク論、ソーシャルワーク、相談援助
  2. 相談援助の基盤と専門職及び相談援助の理論と方法の2科目

社会福祉調査論

社会調査統計、社会福祉調査法、社会福祉統計、社会福祉調査技術、ソーシャルリサーチ論、ソーシャルリサーチ、福祉ニーズ調査論、福祉ニーズ調査、社会調査の基礎、社会調査

社会福祉施設経営論

社会福祉施設経営、社会福祉施設運営論、社会福祉施設運営、ソーシャルアドミニストレーション、社会福祉管理論、社会福祉管理、社会福祉管理運営、福祉サービスの組織と経営

社会福祉行政論

社会福祉行政、社会福祉行財政、福祉行財政論、福祉行財政、社会福祉法制、社会福祉法概論、社会福祉法、社会福祉計画論、社会福祉計画、ソーシャルプランニング、福祉行財政と福祉計画

社会保障論

社会保障、社会保障概論、社会保障制度と生活者の健康、社会保障制度

公的扶助論

公的扶助、生活保護、生活保護論、生活保護制度論、生活保護制度、低所得者に対する支援と生活保護制度

児童福祉論

  1. 児童福祉、児童福祉概論、児童福祉学、児童家庭福祉、子ども家庭福祉、こども家庭福祉
  2. 児童・家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度並びに家庭福祉論及びその読替の範囲に含まれる科目いずれかの2科目

家庭福祉論

  1. 家庭福祉、母子福祉論、母子福祉、母子寡婦福祉論、母子寡婦福祉、婦人保護論、婦人保護、ファミリーサポート、家族援助法、家族援助
  2. 児童・家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度並びに児童福祉論及びその読替の範囲に含まれる科目のいずれか2科目

保育理論

保育原理、保育論、保育

身体障害者福祉論

  1. 身体障害者福祉、身体障害者福祉概論
  2. 障害者福祉論、障害者福祉概論、障害福祉論、障害福祉、障害者福祉、心身障害者福祉論、心身障害者福祉、障害児・者福祉論、障害児(・)者福祉
    (身体障害者福祉論と知的障害者福祉論を含んでいるものに限っては身体障害者福祉論と知的障害者福祉論の2科目に該当する。)
    (身体障害者福祉と知的障害者福祉を含んでいるものに限っては身体障害者福祉と知的障害者福祉の2科目に該当する。)

知的障害者福祉論

  1. 知的障害者福祉、知的障害者福祉概論
  2. 障害者福祉論、障害者福祉概論、障害者福祉、障害福祉論、障害福祉、心身障害者福祉論、心身障害者福祉、障害児・者福祉論、障害児(・)者福祉
    (身体障害者福祉論と知的障害者福祉論の内容を全て含んでいるものに限っては身体障害者福祉論と知的障害者福祉論の2科目に該当する。)

精神障害者保健福祉論

精神障害者保健福祉、精神保健福祉論、精神保健福祉、精神衛生学、精神衛生、精神保健、精神医学、精神障害者福祉

老人福祉論

老人福祉、老人福祉概論、高齢者福祉論、高齢者福祉、高齢者保健福祉論、高齢者保健福祉、高齢者に対する支援と介護保険制度

医療社会事業論

医療社会事業、医療福祉論、医療福祉、医療ソーシャルワーク

地域福祉論

地域福祉、協同組合論、協同組合、コミュニティ(ー)ワーク、コミュニティ(ー)オーガニゼーション、地域福祉学、地域福祉の理論と方法、コミュニティ(ー)福祉

法学

法律学、法学概論、基礎法学、法学入門

民法

民法総論、民法総則、民法入門

行政法

行政法総論、行政法概論

経済学

経済、経済学概論、経済原論、基礎経済学、基礎経済、経済学入門

社会政策

社会政策論、社会政策概論、社会政策、労働経済、労働経済学

経済政策

経済政策論、経済政策概論

心理学

心理、心理学概論、心理学概説、心理学総論、心理学理論と心理的支援、心理学入門

社会学

社会学概論、社会学総論、社会理論と社会システム、社会学入門

教育学

教育、教育学概論、教育原理、教育学入門

倫理学

倫理、倫理学概論、倫理原理、倫理学入門

公衆衛生学

公衆衛生、公衆衛生論、公衆衛生概論、公衆衛生学入門

医学一般

  1. 医学知識、医学概論、医学、医学入門、一般臨床医学、人体の構造と機能及び疾病、人体の構造(・)機能(・)疾病
  2. 人体の構造と機能及び疾病の成り立ちと回復の促進を履修していること

リハビリテーション論

リハビリテーション、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論、リハビリテーション入門

看護学

看護、看護学概論、看護原理、看護概論、基礎看護学、基礎看護、看護学入門

介護概論

介護福祉論、介護福祉、介護、介護総論、介護知識、介護の基本、介護学入門

栄養学

栄養学概論、栄養学総論、栄養、栄養指導、栄養(・)調理、基礎栄養学、栄養学入門

家政学

家政学概論、家政学総論、家政、家政学入門

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp