スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

平成29年度小論文試験課題 (大学卒程度)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年3月13日

コンテンツ番号32906

小論文試験過去の課題

行政事務

小論文試験課題

平成27年国勢調査結果によれば、全国で人口減少となるなか、川崎市の人口は、戦後一貫して増加傾向にあります。
また、川崎市は年齢構成等の大都市(※1)比較においても、生産年齢人口(※2)の割合が67.7%と最も高く、老年人口(※3)の割合が19.5%と最も低く、平均年齢が42.8歳と最も若いことが特徴です。
このように、川崎市は活力のあるまちとなっておりますが、そのポテンシャルを活かして、今後も魅力あるまちづくりを進めていくためには、川崎市としてどのような取組みを行えばよいか。川崎市が持つ地域特性や地域資源などを踏まえた上で具体的な取組みについて提案してください。

(※1)大都市=20政令指定都市及び東京都区部の21大都市
(※2)生産年齢人口=15~64歳の人口
(※3)老年人口=65歳以上の人口

学校事務

小論文試験課題

教員の長時間労働が問題となっています。そのような中、6月に文部科学大臣が「働き方改革」の案をまとめるよう、諮問機関の中央教育審議会に求めました。文部科学省は、中央教育審議会の議論を踏まえ、年内にも緊急対策を打ち出す方針とのことです。
そこで、教員の長時間労働について、何が問題であるのかを述べたうえで、その問題が生じている原因についてあなたが思うことを論じてください。また、その問題の解決に向けて、あなたは学校事務職員として、どのように取り組んでいきたいと考えているかを述べてください。

消防士

小論文試験課題

川崎市においては、今年度4月に人口が150万人を超え、さらに当面は増加が続くことが予想されています。この急激な人口増加によりさまざまな問題が発生することが懸念されています。このような状況を踏まえた上で、防災の観点から発生が予想される問題及び川崎消防が取り組むべき課題を上げ、その課題に対する対策について、あなたの考えを具体的に述べなさい。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp