スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

建築職

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号82738

 主に、まちづくり局等で、市街地再開発・区画整理事業の調査計画、都市計画・都市交通計画の策定、防災まちづくりや住宅施策の推進、拠点地区等の景観形成・誘導、公共施設(庁舎、市営住宅、学校、病院、福祉施設など)の建築工事の設計・工事管理、建築物の許認可・審査など、建築の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


建築職
酒井 彩夏
まちづくり局
指導部
建築審査課
(平成30年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 大学の都市計画のゼミやワークショップで川崎市と関わる機会が多くあり、興味を持ったのがきっかけです。各所で行われる再開発事業を実際に見学できる機会もあり、これから発展していく川崎市に可能性と魅力を感じました。これからも進化していく川崎市のまちづくりに私も携わりたいと思いました。

今の部署での仕事内容について


 建築物の計画が建築基準法や条例等を守って計画されているか審査する業務を行っており、図面の審査や現場で建物の検査を行うのが主な業務です。また、設計者の方や不動産会社の方、一般市民の方から建築相談を受け付ける窓口業務も行います。
 専門的な知識が必要とされるため勉強の日々ですが、専門性が高いからこそ行政の立場でしかできないこともあり、市民の安全・快適なまちづくりに貢献できているのではないかと実感しています。自分が審査した建物が図面の通り完成し、実際目にしたときにはやりがいを感じます。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

職場の雰囲気について

 誰にでも相談しやすい、明るい職場です。入庁した当時は社会人としても1年目で右も左も分からない状態でしたが、教育担当の方だけでなく職場の皆さんも忙しい中丁寧に教えていただき安心したことを覚えています。困ったことは職場内で共有し、協力しながら問題解決できる職場なので、忙しい時期も乗り越えることができます。

終業後や休日の過ごし方

 終業後は駅周辺でショッピングをしたり、先輩や同期とご飯に行ったりしています。休日はお弁当のおかず作りや、外に出て美術館に行くなどしてリフレッシュしています。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市は他の政令市に比べ決して面積は大きくないですが、他都市に負けない魅力がたくさんあります。ぜひ、自分なりの川崎の魅力を発見してみてください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp