スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

消防士

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号82760

 主に、消防局、各消防署等で、火災・救急・救助等の現場活動、航空隊業務、消防施策の企画、調整、指令システム・通信施設の管理・運用、火災等の予防指導、防火対象物等の査察、危険物規制などの消防業務に従事します。

職員へのインタビュー

先輩職員の矢澤さん

消防士
辻 沙織
消防局
川崎消防署
警防第1課
(平成29年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 川崎市は災害対応力の向上や救急体制の強化に力を入れていること、そして日本全体の人口が減少している中で、逆に人口が増加している魅力を持った都市であることを知り、これからますます成長していくことが期待される都市の最前線で救急業務に携わることができる、という点に魅力を感じ志望しました。

今の部署での仕事内容について


 川崎市消防局川崎消防署の救急隊として勤務しています。救急隊は急病人や怪我人がいる現場に救急車で向かい、必要な処置を実施した後、適切な医療機関へ搬送することが仕事です。自分の行動や判断が人の命を左右する責任がとても重い仕事ですが、だからこそやりがいがあると感じています。
 特に、元気になった市民の方やその御家族からお礼の言葉をいただけたときはこの仕事をしていて良かった、これからも頑張ろうと思うことができます。

一日のスケジュール


職場の雰囲気について

 川崎消防署は約20名が当直しています。24時間、食事も睡眠も共にし、お互いの命を預けることもある仕事のため、信頼関係が築かれています。
 「いつ災害があるかわからない」という緊張感の中での勤務ですが、オンとオフの切り替えがしっかりとできている、明るくメリハリのある職場です。

終業後や休日の過ごし方

 出動が多く仮眠が取れなかった日には帰宅後に夕方まで寝てしまう事もありますが、平日の休みや連休も多いため、学生時代の友人達と食事や旅行をしています。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 私はまだまだ勤務年数の浅い職員です。皆さんと一緒に働いて、一緒に悩んで、「この仕事をしていて良かった」と一緒に喜べる日を楽しみにしています!

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp