スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

社会福祉職

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号82912

 主に、区役所地域みまもり支援センター、児童相談所、障害者更生相談所、精神保健福祉センター、障害者センター等で、高齢者・障害者・児童等の相談・指導・調査、生活保護の実施、福祉に関する計画等の策定、福祉施策の企画・立案など社会福祉の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


社会福祉職
入内島 悠
宮前区役所
地域みまもり支援センター
保護課
(平成29年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 川崎市は人口150万人超の大都市であることから、多くの人々に支援が届けられると考えました。また、7つの区それぞれに特徴があることで、多様なニーズをもつ人々に、より細やかな支援が届けられるという点も魅力的でした。
 加えて、職員採用説明会に参加した際に、社会福祉職の採用や研修に積極的に取組んでいることがわかり、大変受験しやすい雰囲気だったのも理由の1つです。

今の部署での仕事内容について


 ケースワーカーの仕事は、大きく2つあります。1つ目は事務作業で、毎月担当する保護世帯の保護費の決定や、新たに保護受給を希望する世帯の調査を行います。2つ目はケースワークです。面談等を通して世帯の生活状況を把握し、困っていることがあれば、生活保護制度のみで解決できるのか、他の制度等を利用すべきか判断し、必要な支援へとつなげます。
 それ以外に私は、保護受給世帯の中高生を支援するチームの一員として活動しています。「貧困の連鎖を断ち切りたい!」という思いで、中高生の進学・就職支援や高校中退防止に対し、チームで取り組んでいます。効果は今すぐには分かりませんが、ゆくゆくは子どもたちが、自分の人生をいきいきと歩む姿が見られたらいいなと思っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

職場の雰囲気について

 宮前区役所保護課には5つの係があり、30名程度のケースワーカーが配属されています。課内で業務内容がほぼ統一されているため、分からないことは誰にでも聞くことができます。
課内での研修も豊富で、上司や先輩方がそれぞれの得意分野に応じた研修をしてくださり、参加しやすく、研修後も「○○さんに聞けば間違いない!」と相談しやすい雰囲気になっています。

終業後や休日の過ごし方

 宮前区役所は田園都市線沿いにあり都心へ出やすいため、終業後に友人と会いやすい環境です。残業は「しなければならない」という雰囲気は一切ないので、仕事の調整がつけば定時で帰っています。
 休日は旅行や遊びにいきます。夏には区役所の同期とBBQをするのが恒例です。繁忙期が決まっており、自分で仕事のタイミングや量をコントロールできるので、休暇は取りやすいです。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 私自身、日々福祉の仕事に対する困難さを感じながら、上司や同僚の皆さんに支えられ笑顔で仕事ができています。皆さんと一緒に笑顔で仕事ができる日を、心待ちにしています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp