スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

機械職

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号83056

 主に、環境局、上下水道局、港湾局、まちづくり局等で、廃棄物処理施設、浄水場、下水処理場などの大型プラントや公共施設(庁舎、市営住宅、港湾施設、学校、病院など)の機械設備の設計、工事、維持管理など、機械の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


機械職
並木 翔汰竜
上下水道局 
水管理センター
水道施設管理課
(平成26年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 私は川崎市で生まれ、川崎市で育ちました。大学生の時は他都市に住んでいたこともあり、それまであまり感じていなかった川崎市への郷土愛が芽生えました。大学3年生となり、就職を考えたとき、地元に貢献したい、できれば市民のライフラインを守るような仕事がしたいと思い、川崎市を志望しました。

今の部署での仕事内容について


 今の職場では、浄水場にある加圧脱水機等の修繕工事を発注から監督まで行っています。修繕工事といっても故障した場合に行うだけでなく、故障を未然に防ぐためにも行います。工事は失敗が許されません。そのため、日々、責任及び緊張感をもって仕事をしています。
 上下水道局職員として市民のライフラインを守り、修繕工事を無事に完成させることの緊張感は、誰にでも体感できることではないため、やりがいを感じています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

職場の雰囲気について

 職場には一般事務職、機械職、電気職及び土木職が在籍しているため、自分の専門外の知識が必要になった場合、教えてもらうことができます。年齢層は20代から50代まで幅広く、経験豊富な職員が在籍しているので、仕事でわからないことがあっても、懇切丁寧に教えてもらえます。

終業後や休日の過ごし方

 同僚と仕事終わりに飲みに行ったり、休日は友人と野球観戦に出掛けたりします。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 就職活動に学業等、今が一番大変だと思いますが、自分を信じて頑張ってください。皆さんと一緒に働ける日を心待ちにしています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp