スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

電気職

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年3月1日

コンテンツ番号83078

 主に、環境局、上下水道局、港湾局、まちづくり局等で、廃棄物処理施設、浄水場、下水処理施設などの大型プラントや公共施設(庁舎、市営住宅、港湾施設、学校、病院など)の電気設備の設計、工事、維持管理など、電気の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


電気職
西川 朋仁
環境局
地球環境推進室
(平成27年入庁)

川崎市を志望したきっかけ・理由

 川崎市に入庁するまで他都市に住んでいましたが、居住していた都市と比較して人口密度の高い川崎市に魅力を感じ志望しました。魅力的な理由は2つありました。
 1つ目は異動で部署が変わっても通勤しやすいこと。2つ目は人口密度が高いことで生じる課題に対し、技術職としての知識を活かして取組むことができると感じたことです

今の部署での仕事内容について

先輩職員の岡田さん

 市内事業者エコ化支援補助金の事業は、再生可能エネルギーや省エネルギー設備を導入する中小規模事業者に対し、補助金を交付することで、地球温暖化対策を推進し、併せて中小規模事業者の振興育成を図ることを目的として行っています。
 やりがいを感じるのは、完了検査として申請どおりの設備が設置されているか確認し、申請者事業者から感謝される時です。まだ再生可能エネルギー設備の立ち合い経験がないため、技術的な知見を深めるために申請を楽しみに待っています。

一日のスケジュール

一日のスケジュール

職場の雰囲気について

 業務内容について、相談しやすい環境が整っており、業務を一人で抱え込むことはありません。
 また、業務だけでなく家庭や育児といったプライベートな相談もでき、公私共に上司や同僚にはお世話になっています。

終業後や休日の過ごし方

 定時で帰宅する日は、昨年度生まれた息子と遊んだり、お風呂に入りリフレッシュしています。休日は妻と息子3人で出掛けることが多いです

川崎市を目指す方へのメッセージ

 入庁した頃は不安が多かったですが、気に掛けてくれる先輩職員が川崎市にはいます。皆さんの入庁をお待ちしております。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp